体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国境越え初心者におすすめ!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

島国の日本に住んでいると、国境越えという響きにどこかロマンを感じることはありませんか? 陸路国境越えは隣国でも雰囲気が変化し、旅をもっとワクワクさせてくれますよ。

初めて国境越えを楽しみたい人にオススメのルートの一つが、ウィーン→ブダペストへの鉄道旅。オーストリアの隣国ハンガリーは社会主義時代の面影も所々に感じられ、旅の情緒たっぷり。片道3時間くらいなので日帰りでも滞在可能。

今回は筆者自身が体験したウィーン→ブダペストへの鉄道旅をご紹介しましょう。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ウィーンからブダペストへはいくつかの行き方がありますが、この日はWien Meidling駅から出発。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ちょっと奮発して一等席へ。早朝とあって車内はガラガラです。ゆったりとしたレザーシートは座り心地抜群!

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

約3時間後、ブダペスト東駅(Budapest Keleti pu)に到着。ウィーンの駅と比べてやや古く、どことなく哀愁が漂います。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

歴史を感じさせる荘厳な駅の外観。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

市内中心へ向かうため地下鉄に乗り換え。構内にはノスタルジックな売店がありました。ウィーンでは見なかった雰囲気のお店でもあり、このような隣国の違いを発見するのも国境越えの醍醐味なんです。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ブダペストの地下鉄。車体はかなり古く駅もやや薄暗いのですが、なぜか旅情が感じられます。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ドナウ川に架かるセーチェーニ鎖橋。商業の街ペスト地区と王宮のあるブダ城地区を結ぶ吊り橋で、両岸の美しい風景を一望できます。橋の両端には迫力あるライオンの石像があり、重厚感もたっぷり。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅

ブダペストのシンボルでもある国会議事堂。赤色のドームといくつもの尖塔が印象的で、風格ある壮麗な雰囲気。建物内部の見学ツアーもありますが、ブダ側の丘から眺めるだけでもため息が出る美しさです。

ワクワクの国境越え!ウィーンからブダペストへ日帰り鉄道旅
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy