体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【なぜ中3で起業を選んだ?】女子大生社長・椎木里佳さんの「これからの戦略」と「野望」

中学3年生の時に起業し、メディア事業やアプリ開発、女子中高生向け商品・ブランドプロデュースなどを幅広く手掛けている椎木里佳さん。18歳にしてはや、社長業は4年目に入った。先日は『女子高生社長、経営を学ぶ』(ダイヤモンド社)を刊行するなど、さらに活躍の場を広げている。

この4月には慶應義塾大学文学部に進学し、「女子大生社長」となった椎木さんに、わずか中3で起業を選んだ理由、そして今後の目標を聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20160412182846j:plain

株式会社AMF 代表取締役

椎木里佳さん

1997年生まれ。中学3年生の2月に株式会社AMFを設立し、代表取締役に就任。目覚ましアプリ「JKめざまし」や女子中高生の動向を調査・研究する「JCJK総研」などを立ち上げ、話題を集める。2016年2月には、『女子高生社長、経営を学ぶ』(ダイヤモンド社)を父・椎木隆太氏との共著として刊行。この4月に慶應義塾大学文学部に入学、現在は社長業と女子大生を両立しながら活躍する。

中1の時に「起業」という選択肢を知り、衝撃を受ける

――椎木さんは中学3年生で起業され、現在18歳にして社長業4年目ということですが、いつ頃から起業を考え始めたのですか?

中学1年生の時です。小さなころから好奇心が旺盛で、やりたいことが常に山のようにありました。中1の時にやりたいことを整理したら、映画を作りたい、芸能事務所を作りたい、アプリも作りたい…と、あっという間に20個ぐらい挙がってしまって。

これらを1つずつやっていたら、命がいくつあっても足りない!と思って父(株式会社ディー・エル・イー代表取締役CEOの椎木隆太氏)に相談したら、「起業」という選択肢を教えてくれたんです。起業すれば、やりたいことを一つひとつ、事業として展開することができるよ、と。その瞬間、雷に打たれたような衝撃を受けて、その場で「私、起業するわ!」と即答していました。

ただ、「起業ってどうやればいいの?」と聞くと、「自分で調べなさい」との答え。そこでネットで検索してみたら、まず「定款を作成」するとあったのですが、この定款の“款”の字が読めなくて「これはダメだ!」とストップ(笑)。結局、その後2年間、行動に移すことはありませんでした。

――起業したのは中3の冬ですね。なぜ、急に行動したのですか?

当時、いろいろな男の子ととっかえひっかえ付き合っていた時期があったのですが(笑)、ある日、その男の子たちに一斉に、ネットで悪口を書かれたんです。…怖いでしょ?!それで頭に来ちゃって、「起業して有名人になって、彼らを見返してやろう!」って思ったんです。

もちろん、起業への前向きな想いは中1の時からずっと心の片隅にあったのですが、負のエネルギーって強いじゃないですか。くそー!男たちめ!という怒りが引き金になって、一気に起業に至ったという格好です。

12月25日のクリスマスの朝に父に「私、起業する!」と宣言し、その日のうちに行政書士さんのところに連れて行ってもらって、翌年の2月14日には起業しました。行動に移してからは、あっという間でしたね。

学生だからと舐められ、あしらわれる日々…悔しさをエネルギーに変え突き進む

f:id:itorikoitoriko:20160412182847j:plain

――中3という若さで起業ということで、かなり注目を集めましたね。

もちろん、メディアには注目され、取材もたくさん受けました。でも、いいことばかりではありません。起業当初は相当舐められました。

学生起業家が増えたと言っても、偏見の目を持っている大人は多いものです。もちろん、当時の私には圧倒的に実績が足りなかったし、未熟で言葉足らずだったところもあったかもしれません。当初は適当にあしらわれることが多くて何度も悔しい思いをしましたね。でも、これも猛烈な「負のエネルギー」になりました。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。