ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RADWIMPS 新開誠監督最新作に提供した楽曲でアニメチャートTOP獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新開誠監督の最新作、映画『君の名は。』の予告編で新曲を公開したRADWIMPSの「前前前世」が1位を獲得した。

 「前前前世」は、現在CDリリースのアナウンスはされておらず、Twitterのポイントのみで首位を獲得。劇中全ての音楽制作をRADWINMPSが担当することも併せて発表され、映画と楽曲の注目度の高さからTwitterのポイントを積み重ねた結果となった。今後、ダウンロードやラジオなど、どの指標でポイントを積み上げていくのか動向に注目したい。

 2位は、惜しくもポイント僅差で首位を明け渡したSKE48「チキンLINE」(映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』主題歌)が続く。発売日から2週目となる今回のチャートインでは、CDセールスでポイントを積み、上位をキープした。CDセールスのポイントで2位に続くのは、アニメチャート5位のチームしゃちほこの「Cherie!」(NHK教育『ねこねこ日本史』主題歌)で1週目のチャートインとなる。

 デジタルセールスのポイントのTOPは、アニメ『マクロスΔ』に登場するユニット ワルキューレ「いけないボーダーライン」。デビューシングル発売と初ライブも決定している彼女たちは「恋! ハレイション THE WAR」もデジタルセールスポイントで3位につけている。

 ロングヒットとなっている『おそ松さん』のオープニング、エンディング曲は共に今週もトップ10内に入っている。中でもA応Pの「全力バタンキュー」は各指標のポイントをコンスタントに積み上げ、様々なユーザーがこの楽曲と接していることが分かる。テレビ東京ではアニメ放送が終了したものの、地方では続いている地域もあり、影響力が持続している。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「チキンLINE」SKE48
3位「友よ~この先もずっと…」ケツメイシ
4位「いけないボーダーライン」ワルキューレ
5位「Cherie!」チームしゃちほこ
6位「Re:Re:」ASIAN KUNG-FU GENERATION
7位「全力バタンキュー」A応P
8位「恋! ハレイション THE WAR」ワルキューレ
9位「ひまわりの約束」秦基博
10位「はなまるぴっぴはよいこだけ」A応P

関連記事リンク(外部サイト)

4月18日付 Billboard JAPAN HOT Animation
欅坂46「サイレントマジョリティー」がセールス、ダウンロードで1位獲得、Twitter1位はラッド「前前前世」が初登場1位に
Perfume 新作ALがセールス好調で初登場1位、三代目JSBとベビメタは上位キープ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP