ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コップ・看板じゃないの!?今度は美術に目覚めたフチ子さんがルノアールの名画に顔ハメ‼ 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

奇譚クラブは、ロフトと共同で商品企画開発し、ご当地フチ子シリーズより「顔ハメのフチ子 RENOIR」(全4種各税込800円)を、4月27日(水)、一部店舗を除く全国のロフトと4月27日(水)~8月22日(月)に開催される国立新美術館 『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』会場で発売する。

奇譚クラブとマンガ家タナカカツキが共同開発し現在までシリーズ累計1000万個を超えるヒット作、元々はコップのフチに腰掛けたりぶら下がったりしていたフチ子さん、昨年からは各観光地の顔ハメ看板とセットになった。そして、今回は新しく美術に目覚め「名画のフチ」に舞い降りた?

ルノワール作品「田舎のダンス」「猫を抱く子供」「ぶらんこ」「ピアノを弾く少女たち」を大胆に顔ハメ看板風にアレンジし、フチ子さんも4色のカラーバリエーションで登場。もちろん、顔ハメだけではなくコップのフチでも楽しめる。

2通りで遊べるフチ子さんをゲットしてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP