ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニーストア福岡天神店に行ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、福岡市・天神の今泉に 4 月 1 日にオープンした、九州地区では初となる Sony 直営店「ソニーストア 福岡天神」に訪れる機会があったので、どんなお店だったのかを紹介します。ソニーストア福岡天神店は、福岡市の中心部である天神の国体道路と西通りが交差するあたりにある Sony 直営店で、国体道路を挟んで向かいには Apple Store があります。Apple Store とソニーストアをはしごするのも容易です。私がソニーストアを訪れたのは今回が初めてだったので、他との店舗との比較はできませんが、国体道路側にメインの入り口が、そのちょうど反対側にも入り口があり、通り抜できることから人の出入りが多く、案外入りやすいところだと思いました。開けっ放しのメインエントランスを入ると、α シリーズのデジタル一眼レフカメラや MDR-A100 などのハイレゾヘッドホンがお出迎え。アウトドアショップで目にするような商品ディスプレイ上のカメラは手にとって動作や撮影画質を確認することができます。 ヘッドホンの什器にはテスト用の Xperia が設置されており、その場で音質などを確認することができます。もちろん、VAIO 製品も展示されており、カメラと同様に実機にお触りできます。Sony Mobile の SmartWatch 3 や SmartBand なども Xperia の実機で機能などを確認できます。Xperia のコーナーには主に Sony 製のアクセサリーで溢れかえっていました。BRAVIA はリビングを想定したセットでソファーに座って見え方などを確認できます。最近ではハイレゾ対応のオーディオ製品が増えてきており、ストアには最近発売された h.ear の新製品を Xperia と組み合わせて試せるコーナーが設置されていました。今回私が購入したのは、h.ear in Wireless NC(MDR-EX750BT)です。これ目当で訪れたわけです。店舗はビルの 1 Fのみで、そこに、カメラとイベントブース、オーディオ製品、PC、モバイルデバイス、AV・ゲームデバイスなど、Sony の主力製品が陳列されていました。一部は所狭しと並べられているような印象を受けましたが、冒頭でも説明したように、店内は店員さんの目を気にすることはなく自由に出入りできるので、単なるウィンドウショピングや気になる製品を試すだけに利用するのも十分可能です。また、実際に商品を購入したので店員さんの対応や手際もひそかにチェックしていました。在庫確認に 5 分ほど放置される、会計に 10 分もかかる(イレギュラーなトラブルがあったので仕方ない)など、オープンしたてでまごつかない感は随所に感じられましたが、(私の対応をしてくれた方の場合)接客態度や言葉遣いの丁寧さは百貨店の店員さんレベルだったので、待たされたことに対するちょっとしたイライラ感は引きずりませんでした。特に商品はカウンター越しではなく、客の素に出てきて手渡しする接客は好印象でした。Source : Sony

■関連記事
Xperia Z5 Premiumのピンクカラーが4月12日に発表されるとの噂
Huawei MediaPad T2 10.1 Proの画像が流出
Google PlayムービーのAndroidアプリがv3.13.9にアップデート、アプリアイコンがリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP