体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝アニメ化10周年!『涼宮ハルヒの憂鬱』これから見る人のための見どころ紹介&小ネタ集

TOP

21世紀最初の10年を代表する作品として知られるTVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。その最初の放送日は10年前の2006年4月2日でした。今月でなんと10周年です。

「ハルヒダンス踊った! 懐かしいなあ」「もう10年か……」という人もいれば、「聞いたことはある」「いつか見ようと思いながらなんとなくまだ見てない」という人もいるのではないでしょうか。

今回は『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメ化10周年を記念して、その見どころを「キャラクター」と「ストーリー」の2点に絞ってご紹介したいと思います。
この記事を読んで「面白そう!」と思った方は、ぜひアニメを見たり原作の小説を手に取ったりしてみてください。
また、既に見たことのある人のために各コーナーで”ちょっとコアなハルヒの小ネタ“も紹介しますので、ハルヒを見たことある人もぜひお楽しみください。

魅力満載のキャラたちと豪華声優陣

本作の魅力は何といってもキャラクター! ということで、まずは登場人物から紹介していきたいと思います。

本名不詳の高校生主人公 ”キョン”

kyon

主人公は“キョン”というあだ名で呼ばれる高校1年生です。本名は結局1回も出てきませんでした。
やけに博識で斜に構えた性格なことを除けば、いたって普通の男子高校生です。
お話は基本的にキョンの視点で進むので、作中ずっと彼のセリフとモノローグを聞くことになるのですが、絶妙な言葉選びや軽快なセリフがとても楽しく病みつきになります。

声優はアニメ『銀魂』の主人公・坂田銀時役などで有名な人気声優の杉田智和さん。
映画『パシフィック・リム』の主人公の吹き替えなど正統派な役もされますが、どちらかというとちょっとヒネたキャラにぴったりくる声の方です。
また、ゲームやアニメ大好きな方としても有名で、そのためかキョンのセリフにもアドリブオタクネタが多いです。

【小ネタ】
原則的にキョンは必ず杉田さんが演じますが、例外的にドラマCD『サウンドアラウンド』ではハルヒ役の平野綾さんが演じるシーンがあります。結構雰囲気出てます。

好奇心の塊! 無意識ハッピー大暴走 ”涼宮ハルヒ”

haruhi

キョンと共に物語の軸となるヒロインが涼宮ハルヒ(すずみや・ハルヒ)です。容姿端麗にして文武両道の万能美少女ですが、普通のものやクラスメートに全く興味がなく本気で宇宙人や超能力者を探したりしているためクラスで浮いた存在。一方、興味をもったことには一直線で止まらないという困った女の子です。
見た目のかわいさに惑わされたキョンが高校入学初日にハルヒに声をかけ、それを遠因としてハルヒが学校非認可組織“SOS団”(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)を設立するところから話が動き出します。

声優の平野綾さんは当時若干18歳の若手声優でしたが、幼少期から役者をしていたため芸歴も長くベテランさながらの演技でした。
アニメ版『DEATH NOTE』の弥海砂や『寄生獣 セイの格率』のミギーなどを演じられている、実力派の声優さんです。
ミュージカル『レ・ミゼラブル』『エドウィン・ドルードの謎』(現在上演中)に出演するなど、現在は声優以外の仕事にも幅を広げています。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。