ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マスコミ出身の安住財務大臣「とても給料では生活できなかった」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
安住財務大臣

先週ご紹介させていただいた塩崎恭久議員の予算委員会での質問。いくつか印象に残ったやりとりがありましたが、やはり安住財務大臣の「とても給料では生活できなかった」発言は特にインパクトがありました。

安住淳氏はNHK出身の衆議院議員。NHK時代は政治記者として活躍、政治討論番組の司会なども担当しておられます。
先程紹介させていただいた発言は、現在注目が高まっている朝霞の国家公務員宿舎の問題に対する塩崎議員の質問に対する答弁の中で出たもの。発言の前後を見ると、以下のようなものとなります。

「わたしもNHKに入って社宅を借りて住みました。とても給料では生活できなかったからです。そんなに豊かな家ばっかりじゃないですから。地方から出てきて、国家公務員になられて、それは私は、多少は宿舎の便宜供与等もあってしかるべきだと思ってます。」
(9月26日予算委員会にて)

マスコミ業界の給与水準は高いということはよく知られていると思います。NHKの平均年収は1000万を超えるといわれており、そのNHK職員が「とても給与では生活できない」なんてことはありえない話です。

マスコミ業界の人に宿舎が必須でそれがなければ生活できないというのであれば、マスコミの給与水準に達しないすべての国民に宿舎が必要になっちゃいますよね。現実的だと言えるでしょうか。大震災のときに「学校のプールにガソリンを貯蔵できないか」と述べたとされる安住財務大臣ですが、時々、不思議な発言をされるようです。

野田首相は10月3日に朝霞の国家公務員宿舎建設地を視察し、宿舎建設の是非について考える予定とのことですが、どのような結論を出すのでしょう。

尚、東電は9月中旬に社宅や寮などを売却して賠償費用とすることを決め、2014年度末までに7400名のリストラをすると発表しています。

安住財務大臣の発言部分動画

安住大臣発言に対する塩崎議員コメント

この安住大臣コメントを受けて、26日に質問をされた塩崎議員に改めて感想をきいてみました。

塩崎議員コメント抜粋:
「僕の地元の松山にもNHKの社宅がありますけど、最高級の一等地に建ってます。なぜそのように優遇されたNHKと同じように公務員がやらなくてはいけないのか」
「中小企業の人がきいたらふざけるなと言うような話。社宅なんてなかなか設けられるものではない。」
「古くなった公務員宿舎の売却益はそのまま被災地復興へまわすべきで、新しい宿舎建設に使うべきではない」

塩崎議員

参考)
東電、社宅や寮など売却へ…まず40か所百億円 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110916-OYT1T00084.htm

NHKの平均年収は1000万円 NHK出身閣僚2人を前に民主党議員が優遇批判 – MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110928/plc11092821080021-n1.htm

※安住大臣の発言動画や塩崎議員のそれに対するコメント動画などは、getnews.jp 上の記事で御覧ください。

[取材協力: 東京プレスクラブ 弱腰記者]

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。