体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料で気軽なトイカメラアプリ ”Pixlr-o-matic” が超優秀だった!

f:id:spring_mao:20111001102133p:image:w150
以前紹介したウェブサービス “Pixlr-o-matic” がスマートフォンアプリになりました!なんとAndroidでもiPhoneでもほぼ変わらぬ使い心地で楽しめます。上質なアプリデザインが「持っておきたい」と思わせてくれますよ。
手軽にオシャレな写真をブラウザだけで作れる!”Pixlr-o-matic”を試してみた – Gadget Girl

Androidアプリでこの使い心地、操作性にはかなり感動しました。というわけで、今日はAndroid端末でのスクリーンショットを使ってご紹介。
f:id:spring_mao:20111001102128p:image:w200 f:id:spring_mao:20111001102124p:image:w200
起動画面では、写真を選ぶかその場で撮るか、選択できます。一つ前に加工していた写真をもう一度扱うこともできますし、自分の写真でなく、アプリ内のサンプル写真でも加工を試してみることができます。
最初はエフェクト選択です。25種類のエフェクトがあるので、選ぶのに迷うほど。どんな写真にもあうエフェクトを見つけられそうです。画面上部のエフェクトが並んでいるエリアをスクロールして選んでいきます。エフェクトを選ぶときにもすでにサムネイル表示ですし、選んだ瞬間に反映されるのもわかりやすいですね。
f:id:spring_mao:20111001102120p:image:w200 f:id:spring_mao:20111001102108p:image:w200
次は光を選びます。トイカメラ特有の光漏れ「ライトリーク」を再現したり、夜景をより美しく見せてくれる、バブルのような光を重ねることができます。ここで写真の雰囲気がぐっと変わるんです。
最後はフレームの選択。こちらも20種類以上あって、迷います。そして保存と共有。Androidは他のアプリのように、共有メニューから画像を受け取れるアプリに渡せます。
iPhoneでも写真を受け取る準備ができているアプリに渡せるようになっているのが現時点では特徴かも。(そういうアプリってiPhoneにはあまり多くないですよね?)
下の二枚だけはiPhoneのスクリーンショットですが、エフェクト・光・フレームの選択メニューが画面の下にあるところがAndroid版との違いです。
f:id:spring_mao:20111001102058p:image:w200 f:id:spring_mao:20111001102051p:image:w200
iPhone版の違いがもう一つ!エフェクト選択から次のメニューに遷移するときの画面アクションがちょっと楽しい&気持ちよい♪エンジニアさんのこだわりでしょうか。
f:id:spring_mao:20111001102106j:image:w400
f:id:spring_mao:20111001103825j:image:w400
スマートフォンのトイカメラアプリといえば “Pixlr-o-matic” と言っても過言ではないかも。誰でも好きになれるアプリだなーと感じます。最近のトレンドを考えると、正方形に切り取る機能があれば完璧ですかね〜。しかし無料とは思えないほど優秀です!ぜひお試しください。
[iPhone版]Pixlr-o-matic
[Android版]Pixlr-o-matic

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy