体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2016年春コスメ】カラーメイクってどうやるの? 旬のトレンドメイクをロフト広報さんが実践!


2016年、春のメイク。「カラーとツヤ感」が流行、ということですが「カラー」「ツヤ感」といっても使い方ってどうすればいいの? なんだか難しそう! という方も多いのでは。今回、ロフト広報の岩坂さんに気になる旬のトレンドメイクを5選・実演を交えて、教えていただきました。売り場で人気の新製品とともにご紹介いたします。

今年はカラーメイクが流行?

2016年の春コスメは、「カラーメイク」が流行? ロフト広報、岩坂さんに伺ってみました。

ハロウィンの仮装メイク以降、派手なメイクをお祭りのように楽しむというところが徐々に定番になりつつあります。カラーメイクといっても、真っ黒のマスカラを茶色のマスカラに変えてみる、茶色のアイライナーを使ってみるなど、手軽に取り入れやすいようなカラーメイクと、赤や青のカラーリングを取り入れる、2パターンがあります。タレントさんやモデルさんもインスタグラムなどで、カラーメイクをアップされたりするのをみかけますね。 (ロフト広報室・岩坂さん)」

1)『カラーマスカラ』を使えば、一気に旬顔に変身できる!

最近流行のカラーメイク。Wカラーのマスカラが登場です。ポイントカラー とスタンダードカラーの2色を1本に搭載。派手すぎない、大人の美発色を 演出します。


■サナ エクセル デュアル カラーマスカラ 1620円(税込)。
カラーは「ダスティピンク×ショコラブラウン」「プラムパープル×ジーンズネイビー」「トマトレッド×アンバーブラウン」の3色。


一番人気は「トマトレッド×アンバーブラウン」のカラー。 真っ赤というわけではなくて、少しくすんだ色なので、初心者でも使いやすい。1本で2色兼用できる、優秀なマスカラ。オフの日のみポップなカラーを使うといった取り入れ方もできちゃいそう。

アクセントカラーは、ミニブラシになっています。したまつげも塗りやすい設計。

ベースのカラーは、カーブブラシ。しっかりぬれます。

【実践】ロフト広報の岩坂さんがカラーマスカラにトライ!

カラーマスカラをロフト広報の岩坂さんに実践していただきます。今回試してみたのは、インパクト大になるといううわまつげの目じりにカラーマスカラを塗る方法。

カラーマスカラ使い方は、スタンダードカラーをまつげ全体に塗って、ポイントカラーを部分的に塗ればOK!

1 2 3 4 5 6次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy