体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今アニクラが熱い! 浜松アニクライベント『H.A.P!』突撃レポート

Cc0zk_GUkAAKOwd

クラブハウスや野外レイブといえば、派手な格好をした若者たちが集まってハウス、トランス音楽を聴きながら酒を飲んで深夜まで踊るもの、というイメージが強いでしょう。
動画サイト等でも欧米の野外レイブの様子を映した動画があって、異常なほどハイテンションな雰囲気です。

そのような中、現代の日本ではアニクラなるイベントが全国各地で開催されています。
アニクラとはアニメソングクラブイベント、つまりDJがアニソンやボーカロイド曲を流してアニソンファンやコスプレイヤーが賑やかに踊るというアクティブなオタク向けのパーティです

静岡県西部、浜松市でもアニクラが定期的に開かれています。H.A.P! もそのひとつ。
「HAMAMATSU ANIMESONGS PARTY!」の略であるこのイベントは浜松市内を中心に2か月に1度、定期的に開催されています。熱心なアニソンファンで元クラブ通い常連だった筆者も今回H.A.P!に参加させていただきました。

「G-SIDE」はバンドやクラブイベントを開催している綺麗なライブハウスで音楽を楽しむのに最適!
今回1階と2階は改装中とのことで3FにてH.A.P! 開催です。

KIMG0017

入口の看板。
事前に『twitter』で参加表明した人やコスプレイヤーさんは割引サービスができます。

IMG_6762

受付嬢3人娘に案内をうけてフロアへ。

IMG_7233

始まって間もない時間にきたのにもうすでに盛り上がってます。
参加者のうちコスプレイヤーさんは半分くらい居ました。
自分の好きなアニメキャラに扮して大音量のアニソンにノッて踊ってます。

フロアの人たちに取材をしたところ、ほとんどの人が市内からの参加でしたが中には名古屋、京都、滋賀あたりからはるばるやってきた人も。

アニソン好きなコスプレイヤーの皆さん

IMG_7626a 16-03-14-00-01-15-254_decoa IMG_7632a IMG_9118a IMG_67661
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。