体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約50種類のゴージャスなお花見弁当が“うえのさくらまつり”に大集結、春先は松坂屋上野店にGO!


毎年、全国から大勢の方がお花見のために足を運ぶ桜の名所といえば「上野公園」。その近くにある松坂屋上野店食品フロアほっぺタウンでは、お花見のお供に欠かせない華やかなグルメを取り揃えた「うえのさくらまつり」を3月23日(水)~4月5日(火)の期間、開催する。

テーマは“ゴージャス”で、とにかくバリエーションが豊富。豪華な気分で桜を見られそう。

例えば、シェアしやすい華やかなオードブルを提供するのは<北辰鮨>「お花見オードブル 選べるお鮨」は各単品1重(2~3人前)各3500円で販売。要予約。

外国人に親しみのあるお寿司、カリフォルニアロールをイメージした、金箔と抹茶塩を添えた<天領庵>の「HANAMIさくらずし」は29日(火)までの販売で3800円(各日限定10)。


さらに<聘珍樓>の『お花見中華オードブル』は2268円(各日限定20)、桜と海の幸の饗宴を実現してくれるのは北海道産の帆立、かに、うに、いくらを盛り付けた<札幌かに家>の『海幸箱』1800円(各日限定30)、そして秘伝の割り下をしみこませたすき焼きに、筍やふき、こごみなど春の山菜を取り入れた贅沢なお弁当<浅草今半>の『旬香弁当』2160円など本当にゴージャスなバリエーションとなっている。

また、スイーツも約50種類用意、ケーニヒスクローネの『壷桜』や菓匠みとわの『さくら大福』もお弁当と一緒にいかが?

春先はほっぺタウン→上野公園のルートで決まり!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会