体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に悩みを解決出来るのか?  iPhoneに接続するフラッシュメモリを試しました

pt-003

ひと昔前はスマートフォンと言えばIT感度が高い人の玩具的なものでした。スマホを持っていれば当然PCも持っているし、説明書を読まなくてもガジェットの空気を読んで使ってしまえる人がほとんどでした。
でも今は、誰でも普通にスマホを持っています。パソコンも持っていないし、自宅のネット契約もないという人もいます。 このような人の悩みとして、撮影した動画や写真で本体のストレージが一杯になることです。「捨てれば良いだろ?」と言われそうですが、全てが特別な思い出なので簡単ではありません。また、写真をあまり撮影しなくても、結婚式や楽しかった旅行の思い出写真が入っており、スマホが壊れたら一緒に消えてしまうと不安に感じている人も多いのではと思います。

iPhoneに接続できるフラッシュメモリを試しました

いろいろなメーカーからiPhoneのバックアップが出来る製品が販売されていますが、パソコンが必要だったり、自宅に無線LANが必要だったりします。その中でiPhoneの充電端子に接続するだけで写真や動画のバックアップが行えるメモリは特別な設定が不要です。 
いろいろなメーカーが販売していますが、今回筆者がサンプルとしてもらった『Adam Elements iKlips Appleメモリ ライトニング』を試しました。最初に結論を言うと、iPhoneでゲームなどのアプリ操作ができる人であれば直感的に設定と利用が問題なく出来ます。

pt-001

見た目はUSBメモリーですが、両側にキャップが付いています。

pt-002

キャップを外すと、それぞれにLightning端子、USB端子が付いています。

pt-005

初めてiPhoneに接続すると「Appがインストールされていません」とポップアップが出ます。 App Storeをタップするとアプリのダウンロードのページに遷移します。

pt-006

いつもと同じ手順でアプリをダウンロードします。

pt-007

アプリのインストール後に再接続すると、このようなメッセージが出ます。許可をタップして下さい。

pt-008

赤いアイコンをタップします。

pt-009

バックアップをタップ

pt-010

全ての写真、又はカメラロールから選択 のどちらかをタップ。今回は「カメラロールから・・・」をタップ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。