ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「GFX Bench 5」が発表、Vulkan APIやバーチャルリアリティコンテンツをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

グラフックスベンチマークアプリ「GFX Bench」の提供元は 3 月 15 日、次世代ベンチマークアプリ「GFX Bench 5」を発表しました。GFX Bench 5 は、現行の「GFX Bench 4」のメジャーアップデート版で、新たに Vulkan API をサポートしました。Vulkan API のテストには「Aztec Ruins」と呼ばれる新しいシーンが用意されており、米国で開催中の GDC でお披露目されました。Aztec Ruins ではゲーム中の FPS、レンダリング時の安定性(フレーム落ちの計測など)、データの遅延時間を計測するほか、バーチャルリアリティコンテンツのテストも含まれています。Vulkan API は今後のモバイルゲームで主流になっていくと予想されるので、端末のテストには GFX Bench 5 以降が推奨されます。リリース時期は 2016 年 Q3 中です。Source : GFX Bench

■関連記事
Android Nの内部コードネームは「NYC(New York Cheesecake)」
Google、Inbox by GmailのWEB版に「スマートリプライ」機能を追加
Samsung、Galaxy S5用のAndroid 6.0カーネルソースを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP