体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地元めし】地域密着型の中華料理屋さんでチャーハンを食す @『南橋亭』相模原

nankyoutei002_R

それとなくローカルな記事ばかり書いている筆者ですが、やはり地元民であると言う地の利を生かし、他のメディアでは紹介しないであろうマニアックな店まで、隙間なく網羅するというのも一興かと存じます。

というわけで、”相模原市近辺の定食特集”的な感じで、ちょいちょい書いてみようと思った次第です。

南橋本方面にある『南橋亭』

nankyoutei018_R

相模原市民でも通勤や仕事以外では通り過ぎる事すらない場所に、中華料理『南橋亭』はあります。

確実、観光客や県外の人間が訪れる事はないであろうロケーションですが、南橋本の工業地帯の近くにあるので、意外とランチの時間帯は混んでいる店です。

nankyoutei019_R

まさに”地元めし”と呼ぶに相応しいロケーションと客層は、ほぼほぼメディアが取り上げるには微妙な感じですが、逆にそこを突くという当記事がチョイスする店としては、ある意味パーフェクトな『南橋亭』かと存じます。

『南橋亭』のチャーハンを食す!

nankyoutei008_R

どうやら中華料理がメインの店のようなので、ここは日本人ならみんな大好きなチャーハンを食べてみる事にしてみましょう。

常に美味しいチャーハンを求めている筆者的にも、中華料理系の店であればチャーハンは必食で御座います。

nankyoutei009_R

チャーハンが620円というのも相模原的には平均価格ではないでしょうか?

今回は大盛りにしたので720円ですが、このくらいなら昼食としては安い部類に入ると思います。

さしてグルメな街とは言えない相模原ですが、ここら辺の”値段”に対するストイックさは半端ないので、価格設定は大事かと思われます。

他にも”地元めし”という視点で見ると、仕事の合間に訪れる店なので料理が提供されるまでのレスポンスも気になります。

中華料理的にいうと、チャーハンは素早く作れるので、昼休みの短い時間で食べるには最適なメニューかと存じます。

この『南橋亭』に訪れた時は、丁度オーダーが空いていたので、筆者のチャーハンも5分と待たずに提供されました。このスピードなら文句無しでしょう。

味はほぼほぼ普通である!

nankyoutei000_R

”地元めし”と言うテーマを考えた場合、提供するまでのウェイティングタイムも短く、誰もが好きなチャーハンは絶好の料理かと存じます。

しかし!

食レポとしての観点で見た場合、味の表現が難しいメニューとも言えます……。

nankyoutei006_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。