体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウェブ限定動画の“ウイイレ部屋”を完全再現! 六本木ヒルズ“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”に行ってきた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サッカーのサポーターなら、誰でも一度くらいはプレイしたことがあるであろうコナミの『ウイニングイレブン』シリーズ。1995年7月にPlayStation用『Jリーグ実況ウイニングイレブン』が発売されて以来、全世界でのシリーズ累計販売本数は9000万本を誇ります。

『ウイイレ』が2016年で20周年を迎えたことを記念して、ウェブ限定動画『#ウイイレまたやろーぜ』が『YouTube』で公開。また、六本木ヒルズに3月10日から13日まで“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”がオープン。30~40代の『ウイイレ』世代にとっては「あるある」なフレーズで埋め尽くされた外観を入ると、元ナイジェリア代表のティジャニ・ババンギダと握手できるスペースやウェブ動画に登場した”ウイイレ部屋”でのプレイも可能になっています。

we_20th_20160310_02

実況のジョン・カビラ氏や解説の北沢豪氏も出演しているウェブ限定動画。主人公がタクシーを降りると、大学時代に『ウイイレ』を友人が集まってプレイしていたアパートの前に。中に大学時代にいつも遊んでいた友人たちが若いままでいることに戸惑う主人公ですが、『ウイイレ』と対戦国を聞かれて「……イタリア」と答えたところから一気に引きこまれ、「(ロベルト)バッジョは俺くらいしか使えねーから」と言って輪の中に入っていきます。

身体能力とスピードを好む“ナイジェリア使い”や、プレイ中にカビラ氏の実況を真似るといった「あるある」がてんこ盛りになったウェブ動画。結局これは夢だったのですが、主人公のように最新版をダウンロードしてプレイしたくなる人も多いのではないでしょうか。

#ウイイレまたやろーぜ – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WcxE1rM6jLA [リンク]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動画を見て『ウイイレ』をプレイしたくなっても、「家にPS4がない!」「家族がいる中ではゲームしづらい……」という諸兄のためにオープンしたのが、六本木ヒルズの“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”。外観に「ゲームでも猫背ドリブル」「PKのとき手元隠すヤツ」「はやくリプレイ飛ばせ」といった“『ウイイレ』あるある”100個で埋め尽くされており、懐かしさを覚える人もいるのでは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場に入ると、数多くのPS4が置かれていて、『ウイニングイレブン2016』を自由に楽しめるようになっているほか、数々の仕掛けが。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会