ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウェブ限定動画の“ウイイレ部屋”を完全再現! 六本木ヒルズ“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”に行ってきた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サッカーのサポーターなら、誰でも一度くらいはプレイしたことがあるであろうコナミの『ウイニングイレブン』シリーズ。1995年7月にPlayStation用『Jリーグ実況ウイニングイレブン』が発売されて以来、全世界でのシリーズ累計販売本数は9000万本を誇ります。

『ウイイレ』が2016年で20周年を迎えたことを記念して、ウェブ限定動画『#ウイイレまたやろーぜ』が『YouTube』で公開。また、六本木ヒルズに3月10日から13日まで“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”がオープン。30~40代の『ウイイレ』世代にとっては「あるある」なフレーズで埋め尽くされた外観を入ると、元ナイジェリア代表のティジャニ・ババンギダと握手できるスペースやウェブ動画に登場した”ウイイレ部屋”でのプレイも可能になっています。

実況のジョン・カビラ氏や解説の北沢豪氏も出演しているウェブ限定動画。主人公がタクシーを降りると、大学時代に『ウイイレ』を友人が集まってプレイしていたアパートの前に。中に大学時代にいつも遊んでいた友人たちが若いままでいることに戸惑う主人公ですが、『ウイイレ』と対戦国を聞かれて「……イタリア」と答えたところから一気に引きこまれ、「(ロベルト)バッジョは俺くらいしか使えねーから」と言って輪の中に入っていきます。

身体能力とスピードを好む“ナイジェリア使い”や、プレイ中にカビラ氏の実況を真似るといった「あるある」がてんこ盛りになったウェブ動画。結局これは夢だったのですが、主人公のように最新版をダウンロードしてプレイしたくなる人も多いのではないでしょうか。

#ウイイレまたやろーぜ – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WcxE1rM6jLA [リンク]

動画を見て『ウイイレ』をプレイしたくなっても、「家にPS4がない!」「家族がいる中ではゲームしづらい……」という諸兄のためにオープンしたのが、六本木ヒルズの“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”。外観に「ゲームでも猫背ドリブル」「PKのとき手元隠すヤツ」「はやくリプレイ飛ばせ」といった“『ウイイレ』あるある”100個で埋め尽くされており、懐かしさを覚える人もいるのでは?

会場に入ると、数多くのPS4が置かれていて、『ウイニングイレブン2016』を自由に楽しめるようになっているほか、数々の仕掛けが。

ウェブ動画にも登場した“ウイイレ部屋”。ここに上がってゲームをプレイすることも可能です。

雑多なラックに、洗濯物。そしてレプリカユニフォームが飾られた部屋。初代PSやVHS、ブラウン管のテレビが置かれていて、タイムスリップ感を味わうことができます。ひと昔前の男子感あふれる部屋で最新版をプレイすると不思議な感覚にさせられるのではないでしょうか。

会場にあるもう一つの“ウイイレ部屋”は、サッカー部の部室を再現しています。吊るされたジャージに脱ぎ捨てられたシューズ、そしてサッカーボールが入った網……。壁には戦術ボードやトーナメント表があり、こちらもディテールにこだわりまくっています。

賞状やトロフィー、だるまなどが置かれているということは、かなりの強豪校という設定なのでしょうか?

もちろん、こちらの部屋でもプレイ可能。また、男子顔負けの巧者“ウイイレガールズ”が常駐しており、対戦することもできます。筆者もマンチェスター・ユナイテッドで挑戦してみましたが、レアル・マドリーをプレイする彼女に負けてしまいました……無念……。

そのほか、その快足で90年代に『ウイイレ』を遊んだユーザーならかなりお世話になったであろうババンギダと握手した写真をスポーツ新聞風に撮れる撮影スペースも。『ウイイレ2016』でも衰えのないスピードを武器に活躍してくれるので、かつて“ナイジェリア使い”だった人の血を沸き立たせることになりそう。

なお、2016年3月31日まで、『Twitter』でハッシュタグ「#ウイイレまたやろーぜ」をつけてつぶやくと基本無料のPS4/PS3『ウイニングイレブン2016 myClub』で総計2万2000名にババンギダのプロダクトコードが当たるツイートキャンペーンを実施中です。

会場には表紙に選手が登場するようになった『ワールドサッカーウイニングイレブン5』以降の歴代作品の展示や、懐かしいポスターも。

有料ですがドリンクも提供されています。カフェラテにはキャッチフレーズの「#ウイイレまたやろーぜ」の文字。

さらに屋外にはカプセルマシーンが!

『ウイイレ myClub』で使えるUEFAベストイレブンのプロダクトコードがその場で当たるようになっています。

再び『ウイイレ』をプレイしたくなるような仕掛けがてんこ盛りの“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”。一人でふらっと訪れても、友人や家族、カップルで訪れても楽しめるので、六本木に用事のある元プレイヤーの皆さんは、昔を思い出しつつ最新の『ウイイレ』のリアルな映像を体感してみてはいかがでしょうか。

“ウイニングイレブン プレイヤーズハウス”概要

場所:六本木ヒルズ内“ヒルズカフェ”
日程:2016年3月10日(木)〜3月13日(日)
営業時間:11:00〜23:00

『ウイニングイレブン』オフィシャルサイト
http://www.konami.jp/we/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP