体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国に波及するフジテレビ抗議デモ 「木を見て森を見ず」と一部で疑問の声も

花王製品の不買を呼びかけるデモ

 「フジテレビの放送が偏向している」などとして、同社に対する抗議デモが全国で立て続けに行われている。2011年9月16日には、フジテレビの番組スポンサーのひとつである花王の製品不買を呼びかけるデモにまで飛び火した。一方、このような抗議運動に対して一部で疑問の声が上がっており、立教大学の砂川浩慶准教授(メディア論)は、「木を見て森を見ていない感じがする。狭いナショナリズムに行きそう」と憂慮する。

■デモ参加者が指摘する「偏向放送」とフジテレビの回答

 デモ参加者が指摘するフジテレビの偏向放送とは、番組編成が韓流ものに偏重しているという主張をはじめとして、世界フィギュアスケート選手権で国旗掲揚や国歌斉唱シーンをカットしたこと、サッカー中継で「韓日戦」と韓国を重視するようにも見える表記をしたことなどが挙げられる。またフジテレビのグループ会社が音楽著作権を所有する楽曲を、さまざまな番組内で使用していることは、消費者に秘匿したままの宣伝行為(ステルスマーケティング)ではないかという指摘もあった。

 フジテレビは9月2日に同社のホームページで、これらの批判に対しての回答を掲載した。韓流偏重との指摘に対しては、「広く視聴者ニーズにお応えできるような番組制作・編成を行っております。どのような番組を放送するかは、総合的かつ客観的に判断し決めております」と説明。表彰式のカットについては「あくまでも放送時間および番組構成上の理由であり、それ以上の意図はありません」。「韓日戦」の表記については「FIFA(国際サッカー連盟)の公式ホームページに表記されている正式大会名称に則った番組タイトルとして、ホーム&アウェイの関係から開催国(ホーム)を前に、対戦相手国(アウェイ)を後に表記するのを基本とした」と回答した。また、ステルスマーケティングではという指摘に対しては、「番組やイベント内容に適した作品を使用しています。制作の自主性を重んじ、より良い番組作りのために効果的な楽曲を使用するという基本方針を大事にしております」と回答し、宣伝目的で楽曲を使用していないという見解を示した。

 これらフジテレビの回答に対して、インターネットユーザーからは「苦し紛れの言い訳」「不誠実な回答」などといった声が上がり、不満が噴出。さらなるデモに発展した。9月16日には、フジテレビの大口スポンサーである花王の製品不買を呼びかけるデモが行われた。

 多くの女性が参加したこのデモには、子ども連れの姿も見られた。ベビーカーを押しながら1歳の娘を連れてデモに参加した主婦(31)は、「初めて(デモに)参加しました。偏向報道を子どもが耳にしてしまうのが怖くて、今のうちにそういう偏向報道を正してもらえればという気持ちで参加しました」と、デモに参加した動機を話した。また、デモ参加者の中には外国人の姿もあった。27年間日本に住んでいるという米国人の男性(50)は、「(日本の放送局は)どんどん偏っている放送をして、正しい情報を伝えていない。電波は国民のものですから、偏っているものを放送するのはよくない」と語った。

 翌17日には、2つの団体が東京・お台場でフジテレビ抗議デモを企画。併せて約2500人がフジテレビの周囲を練り歩いた。19日には、学生らが主催する抗議デモも行われた。デモはこのほかにも、大阪や名古屋など全国に波及している。

■抗議デモという方向性の是非 「木を見て森を見ず」との意見も

立教大学の砂川浩慶准教授

 一方で、これらのデモに遭遇した人たちは、デモに対してどのよう印象を持っているだろうか。デモ行進の傍らでは、その趣旨を理解して賛同の声を上げる人や、沿道から拍手や声援を送る人たちが見られた。だが、他方では批判的な見方を示す人たちもいた。

 9月17日に東京・お台場で行われたフジテレビ抗議デモを目撃した女性(27)は、デモに対して「違和感がある」と怪訝そうな表情を浮かべ、「(韓流は)好きな人が見ればいい。嫌いなら見なければいいのでは」と疑問の声を上げた。たまたま近くを通りかかったという男性(21)は、フジテレビが韓国ドラマなどを放送していることについて「需要があるから放送しているだけなのでは。経済原理を考えれば当然。極端なナショナリズムは好きではない」と、抗議デモに対して否定的だ。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。