体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Tablet Sが分解される

Sony Tablet Sの分解レポートが写真と共に公開されています。Sony Tablet Sは端末の片側に重心を寄せた偏重心構造を採用しており、一般的なタブレットとは少し形状が異なります。その中身は上図となっており、バッテリーや基盤など多くのパーツは厚い方に寄せられていることが分かります。使用されているパーツも記載されています。 電池パックは「SGPBP02」で、リチウムイオン5,000mAh/18.5Wh(3.7V)。 ディスプレイはLGDのLP094WX1 LCD (1280 x 800)。 タッチパネルコントローラーはCypressのCY8CTMA395。 RAMはELPIDAのB8132B1PB-6D- F( 1GB LPDDR2) フラッシュメモリ(16GB)はSamsungのKLMAG4FEJA-A001。 IRブラスタはUniversal ElectronicsのU122。 村田製作所のLBEE69QSYC Wi-Fi+Bluetoothモジュールを使用。Source : TechRepublic, Engadget


(juggly.cn)記事関連リンク
一部のGoogle TV製品に、数週間後の大規模なアップデート(Android 3.1?)のためのセキュリティアップデートが明日より配信
NVIDIA、次世代Tegra ”Kal-El”のホワイトペーパーを公開、”Kal-El”には5つのCPUコアが搭載されていた
KDDI、来年よりiPhoneを販売(日経の報道)

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。