ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「どうして私を生き返らせたの」 死者蘇生の恐怖を描く『ラザロ・エフェクト』尋常でない予告編[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


死にかけている人の命を救おうとするのは正しいことのように思えますが、それでは一度死んでしまった人に対してはどうでしょうか。死者の蘇生を可能にした科学者たちが、その発明によってとんでもない恐怖に陥れられる映画『ラザロ・エフェクト』より、衝撃の予告編が到着いたしました。

関連記事:お寿司のつぎは死者復活…… 強引に生き返らされた人間の恐怖を描く『ラザロ・エフェクト』公開決定

死者を蘇らせることができる“ラザロ血清”の研究のさなか、メンバーのひとりであるゾーイが不慮の事故で感電死。研究者リーダーで彼女の婚約者でもあるフランクは、悲しみを抑えきれず、仲間の制止をふりきってラザロ血清をゾーイに投与してしまいます。彼女は奇跡的に息を吹き返しますが、その喜びもつかの間、彼女の身体には様々な異変が起こり始め……。

予告編では、「私、死んでた?」と声を震わせて聞く蘇生後のゾーイや、死んだ彼女が体験した“地獄”の恐ろしさ、研究メンバーたちの味わう尋常でない恐怖体験シーンが盛り込まれており、鳥肌必至のゾクゾクくる仕上がりです。死ぬよりも恐ろしい“死のその先の恐怖”とは、果たして。


この作品を監督したのは意外にも、高級寿司店店主のドキュメンタリー『二郎は鮨の夢を見る』を手がけたデヴィッド・ゲルブ監督。死者を蘇生してしまった科学者側の恐怖と、蘇ってしまった人間側の恐怖とを双方向に描いているというこの作品について、
「蘇るまでの間、いったいどんな体験をするのだろう? 蘇った時、以前とは何が変わっているだろう? そして、潜在的に何を持ち帰って来るのだろう? 若い科学者たちは、患者や愛する者たちに希望を与えようというところからスタートするけど、自然の法則をもてあそぶことには恐ろしい影響があることに気づくんだ」
と語っています。

特典として、『蘇生意志表示カード』と銘打ったステッカーがついてくる前売り券も現在販売中。「“死のその先の恐怖”を体験することになったとしても、死んだあと生き返ることに同意します」と思いっきり書いてありますので、お財布などに忍ばせておくと万が一のときにも安心です。

映画『ラザロ・エフェクト』は6月11日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。どうぞお楽しみに!

監督:デヴィッド・ゲルブ(『二郎は鮨の夢を見る』)
製作:ジェイソン・ブラム(『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』)
出演:マーク・デュプラス、オリヴィア・ワイルド
2015年/アメリカ/シネマスコープ/83分/原題:THE LAZARUS EFFECT
(C) 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP