ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ポリンキー』がサクッと軽くてフワッと甘い“プリンキー”になっちゃった! 25周年記念『くちどけポリンキー プリンあじ』試食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3月7日、コイケヤの人気スナック菓子『ポリンキー』が“プリンキー”になってしまった。ポリンキー25周年記念『くちどけポリンキー プリンあじ』の爆誕である。

スナック菓子『ポリンキー』といえば、どちらかというと、しょっぱい系のお菓子だ。そんなお菓子がなんやかやとこじつけで甘い味になったことは、過去『ポリンキー 栗あじ(三角形だから)』や『ポリンキー メロンパンの波風(網目模様とサクサク食感から)』とあったが、ポリンキー担当は今回、コイケヤに嵐を起こした。

そう、みなさんお気づきであろうが、この新味は「ポリン」と「プリン」、“言葉の響きの近さだけで強引に開発しただろう!!”疑惑が発生したのだ。

一字違いで、どっちも似たような三角形(プリンは正確には台形だが)。さらに色も黄色。「似ている」ということは、前々から誰もが一度はちょっとだけ思ったことがあるだろう。コイケヤの中でも「“プリン”は絶対にダメだ!」という厳しい意見が飛び交っていたらしい。

しかし、ポリンキー担当は、そんな意見を華麗にスルーし、ふたつをとうとうドッキングしてしまった。しかも味だけでなく、くちどけまで再現したという。

『スリーポリンーズ』もすっかりプリンの姿にされ、“スリープリンキーズ”に。あまりの事態に「ボクたちプリンになっちゃった……」と戸惑い気味である。

肝心の中身はというと、見た目はいたって普通のポリンキー。しかし、辺りにいっぱいに広がる香りはプリンのカラメルのあまーい香りである。

早速、食べてみると……サクッとかるーい食感に、フワっとやさしいプリンの甘さ。サクサク食べていると、お口の中でジュワッと溶けて、コーンの甘さと香ばしさも感じられる。最後にはスッとなくなる口どけの良さ。くどさもなく、結構イケる。個人的にはハマる味である。

コイケヤの中でも論争を呼んだ『くちどけポリンキー プリンあじ』。アリかナシか、あなたもぜひお試しあれ。

商品概要

■商品名:くちどけポリンキー プリンあじ
■内容量:60g
■価格:112円(税抜)
■発売日:2016 年3月7日(月)
■公式サイト:http://koikeya.co.jp/polinky/index.html#polinky814[リンク]

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP