ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

約424円のFreedom 251、販売元のRinging BellsはAdcomから1台あたり約6,000円で調達してた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最安 251 ルピー(約 424 円)で発売された破格の Android スマートフォン「Freedom 251」ですが、これをインドで発売した Ringing Bells は Adcom という中国の端末メーカーから 1 台あたり 3,600 ルピー(約 6,000 円)で調達していることが判明しました。これは、Ringing Bells に Freedom 251 を販売した Adcom が明らかにしたことで、Adcom は Ringing Bells からこの端末が 251 ルピーで販売されることを事前に知らされていなかったそうなのです。実は、Freedom 251 は Adcom がインドで 3,699 ルピー(約 6,250 円)で販売している「Adcom Ikon 4」だったのです。Freedom 251 の価格は実に 1/16。製造元が分かっただけではなく、Adcom は今回のように異次元の値引再販が行われたことで Adcom ブランドに悪影響を及ぼすようなら法的措置を取るとの方針を明らかにしました。Freedom 251 はインド政府の支援もあって、あれほどまでに安く提供されており、原価割れしていることは明らかです。ただ、Adcom Ikon 4 は Flipkart で星 1 つの低評価な端末なので、どうせ安くするならもっと良質なものを選択すべきだったと思います。Source : Indian Express

■関連記事
JA全農、全国の畜産農産物の情報やクーポンを一般消費者向けに配信する公式Androidアプリをリリース
Google、Google+のWEB版をアップデート、検索履歴などをサポート
Galaxy S7 / S7 edgeのユーザーマニュアルが公開、製品発表時には紹介されなかった様々な新機能を確認

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP