ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10台のAndroidタブレットの充電とデータ通信が可能なUSBハブ「USB-haco10」が発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エム・ティ・プランニングは 3 月 2 日、10 台のスマートフォンやタブレットを接続できる USB ハブ「USB-haco10」の販売を開始しました。USB-haco10 は、最大 40 台までの Android タブレットを充電しながらデータ転送もできる PC 用の管理ソフトウェア「Tablet admin」向けの USB ハブです。Tablet admin を利用していない場合でも単体での充電や、PC と Android のデータ通信が可能です。電源はコンセントから取るタイプで、各ポート 5V / 2.1A の給電に対応しています。この製品では充電とデータ通信が行えるのですが、充電モードとデータ転送モードの切り替えなど不要になっています。USB-haco10 の Amazon 価格は 59,800 円です。Source : Amazon

■関連記事
Fastbootコマンドは今後、ケーブル接続不要で利用可能に?
NTTドコモ、6月にもPremium 4Gの通信速度を下り最大370Mbpsに引き上げ、テストでは下り最大340Mbpsを達成
Galaxy S5向けのCyanogenMod 13が指紋リーダーをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP