体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームショウよりAMショーのほうがおもしろい? バラエティに富んだおもしろさ

ゲームショウといえば、テレビゲームやケータイゲームの新作を楽しむことができるイベントですよね。でも、ゲームセンターのゲームを楽しむことができるアミューズメントマシンショーも忘れてはいけません。

アミューズメントマシンショーは「AMショー」と呼ばれていて、すでに49回も開催されています。ゲーム関係の記者によると、ゲームショウよりもAMショーのほうがおもしろいのだとか。どっちもゲームのイベントですが、どうしてAMショーのほうがおもしろいと感じたのでしょうか?

その記者によると「ゲームショウのゲームは、なんだかんだ言ってもテレビ画面の中に映像が映るだけ。ですが、AMショーにはUFOキャッチャーやプリクラ系の新作などが出展されるので、バラエティに富んだおもしろさがあるのです」と語っていました。

とある漫画家は、AMショーに行くたびにプリクラ系の新作マシンをチェックするそうです。業者のおじさんが試しにプリクラを撮って、よくわからないままシールを受け取らずにその場を立ち去ったり、ゴミとして捨てて帰ってしまうのだとか。

その漫画家さんはゴミ箱に残されたおじさんが写ったプリクラシールを持ち帰り、毎年集めているそうですよ。普通ならプリクラなんて撮らないおじさんが写っているのがおもしろいのだそうです。

また、AMショーに展示されているアーケードゲームにも魅力があります。家庭用ゲームハードはそのハード以上のパワーを出すことはできませんが、アーケードゲームは基盤がどんどんパワーアップしてきているので、ハードの枠にとらわれない新しい描写を目にできるのです。皆さんも、AMショーに行ってみてはいかがでしょうか?

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。