体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バーチャルアイドルいまむかし ~江口愛実と芳賀ゆい~

最近、世間の流行り廃りがやたらと速く感じる。この夏ネットで話題になった『江口愛実騒動』など、もうかなり昔のことのようだ。

あらためて振り返ってみると、週刊プレイボーイにグラビアが載り、名前が出たのが6月13日。そこから様々な憶測や情報が飛び交い、江崎グリコの公式ページで正体が明かされたのが6月20日。引き続き『アイスの実』のCMキャラクターとなってはいるが、“幻”であったのはわずか一週間だった。

では、今回の騒動で、一部に比較した論調の見られたバーチャルアイドル『芳賀ゆい』の場合はどうだったのか。初めに伊集院光さんのオールナイトニッポンで話題になったのが1989年11月のこと。そこから彼女の活動内容やプロフィールについてリスナーが意見を出し合い、本格的なプロジェクトが動き出した。

翌1990年2月には『芳賀ゆいのオールナイトニッポン』が放送される。その後、テレフォンサービスやシークレットライブを経て、7月1日にCD『星空のパスポート』発売。この日は高田馬場BIGBOX前で即売会が行われ、私もわざわざ地元から出かけて行った。“芳賀ゆいとのツーショット写真が撮れる”との触れ込みだったが、行ってみると3人の芳賀ゆいがいて、どの子か一人を選んで撮影するというものだった。ちなみに一人はアイドルっぽい可愛い子、一人は普通の子、最後の一人は外国人。このあたりの遊び心も心憎く思ったものだ。

この頃から“幻のアイドル”としてメディアに取り上げられることが多くなり、9月13日には写真集発売、10月に“留学のため”として引退、プロジェクトの幕引きとなった。あらためてひも解いてみると、実に約1年にも渡るプロジェクトだったわけである。

当時から伊集院光さんのヘビーリスナーだった私は、フリートークでたまたま生まれた『芳賀ゆい』というキャラクターがどんどんと大きくなっていくのを実感していたし、著名な人を巻き込んで(『星空のパスポート』の作詞は奥田民生さん、写真集の撮影は、アイドル写真集を数多く手がけている斉藤清貴さんだった)ムーブメントになっていく様を、まるで共犯者のような気持ちで見ていた記憶がある。

こうして2つのプロジェクトを比較してみると、その活動期間だけではなく、アプローチの仕方が全く違っていたことがわかる。江口愛実の方は、まず『情報』をひとつ提示して、それをファンに謎ときさせる方法、芳賀ゆいは、プロジェクトの芽を発信して、リスナーがそれに嘘を重ねていく方法。
言葉で書くと、江口愛実の方が罪が無いように思えるが、一概にそうとは言えない。

“アイドル”というものが、ファンから見てある意味架空の存在である以上、嘘をひとつずつ暴いていくというのは、そこに存在する矛盾を突きつけることにもなりかねないからだ。そしてこの架空の存在であった江口にしたのと同じようなことを、実体のある、心も体も実在するアイドルに対して、してしまっている人もいるのではないだろうか。

このところ、アイドルの過去の写真や、プライベートな情報を詮索し、流出させる事例が後を絶たない。それによって休業や引退に追い込まれる人もいるし、そうでないにしても辛い思いをする人も多いだろう。そんな話を耳にすると、一アイドルファンとしてやりきれない気持ちになる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会