体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『珍遊記』脚本・おおかわら&松原秀インタビュー「原作をリスペクトしすぎて難しかった」

おおかわらさん、松原秀さん

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化。映画『珍遊記』が現在大ヒット上映中です。

天下の暴れん坊である不良少年・山田太郎(ピエール瀧)は、通りすがりの坊主・玄奘(倉科カナ)と壮絶なバトルを繰り広げた結果、妖力は消え去り、3本の髪の毛を持つ子ザルに姿を変えられてしまった。本作では、玄奘(倉科カナ)と渋々天竺を目指すのだが……。

本作で脚本を務めたのは、2013年 キングオブコント準優勝など大人気のお笑いトリオ「鬼ヶ島」のおおかわらさん、『銀魂』『おそ松さん』等のアニメの脚本を手掛ける、作家の松原秀さん。山口雄大監督に『珍遊記』映画化の話を聞いた時は「頭おかしい」と思ったというお2人。作品について色々お話を伺ってきました。

珍遊記

―ガジェ通側の質問はここに―本作『珍遊記』が実写化というまさかの企画ですが、最初にお話を聞いた時は驚かれませんでしたか?

松原:最初は僕が山口監督と知り合いで、いつか仕事一緒にしようね等と話していたのですが、ある日「映画やる?」って言われて、それが『珍遊記』って聞いて、頭おかしいな、最高だなと(笑)。鬼ヶ島のコントはほぼ、おおかわらさんが書かれているのですが、僕が共同で書かせていただいた事があって、監督の好みだと思ったので「鬼ヶ島 イン ワンダーライブ」というライブにお誘いしたんですね。その中で一本すごく気に入ったのがあって、それで……。

おおかわら:まあ、松ちゃん(松原さん)言いづらいと思うけど、パッキパキにすべったんですね、そのネタ。「世界の終わり」っていうタイトルで(笑)、ただ僕が女装した相方にずっとセクハラするっていうだけのネタですけど。

松原:でもそれが監督は大のお気に入りで。

おおかわら:「なんでこれがウケないんだ!」ってかなり不満そうだったもんね。

松原:それで「このネタ書いてるの誰?」と聞かれたので、おおかわらさんをご紹介して。

おおかわら:今でも覚えていますよ、ライブの後渋谷の焼肉屋さんでね、「脚本をやってみないか?」と。そんな簡単に?!と驚きましたし、『珍遊記』と聞いて、青天の霹靂というか「えっ、何それ?!」って感じでしたね。

―山口雄大監督とはすぐに意気投合されたのですね。

おおかわら:監督も10年、20年映画監督をやられていて、自分がやりたい事を突き詰めてきて、最近仕事が無いと。「もうちょっと分かりやすく表現していく作業って大事だなと思ってる」とおっしゃってたんですね。それで僕らの事を同じ境遇なんじゃないかと思って、と言っていて、まさにそうだったんですね。監督とは価値観が似ているというか。

―2人で脚本を執筆するのは難しく無かったですか? 意見がぶつかったりとか。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy