体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

拙者もオシャレになりたい! 新発売『ダブルラテ』をスタバで飲み比べてみたでござるの巻

TOP_img_08031

ああ、モテたい……。絶望的なほど、圧倒的に、モテたい……。

そんな地の底から絞り出すような呻(うめ)き声が聞こえるガジェット通信第2編集部(通称:廊下)。吹き溜まりのようなこの場所は男たちの増幅思念が物質化しているとさえ言われている。

「このままではいけない!モテなければ!」意を決した記者は、もっとも“自分から遠いモノ”を記事題材にしようと決めた。

手に取った「スターバックス日本上陸15周年」商品

今回レビューするのは、9/13(火)に発売となった『スターバックス ディスカバリーズ ダブルラテ』

img_0804

ガジェ通に居た一番若いアルバイト君に「この商品、知ってる?」と聞いたら「僕、スタバ大好きなんですよ!家が吉祥寺なんですけど、スタバ毎日行ってますよ!」と謎のスタバ絶賛が始まってしまったので、無視することにした。

この『スターバックス ディスカバリーズ ダブルラテ』はスターバックスの日本上陸15周年を記念して限定発売されたものだ。なんでも、日本の第1号店で初めてオーダーされた商品が、ラテにエスプレッソを追加したカスタマイズビバレッジ“ダブル トール ラテ”だったことにちなんでいる模様。

img_0810

価格は230円。

スターバックス店舗で味わえるような、しっかりとしたエスプレッソと濃厚なミルクのハーモニーを楽しめるように開発されているそうなのだ。

シール持っていくと、もう一杯

先のスタバ大好きバイト君に「今だとキャンペーンでもう一杯もらえますよ」と言われる。なんだそりゃ。

img_08071

よくよく話を聞けば、コンビニ商品の『スターバックス ディスカバリーズ』シリーズについているシールを店舗に持っていけば、店舗での注文と同じ飲み物(ショートサイズ)をもう一杯プレゼントしてもらえるらしい。(※一部商品を除く)

ほほう。

まず、飲んでみる

ともあれ、この商品、まずは「スタバに行きつけている人に試飲してもらうのが一番じゃないか」と思ったのだが、肝心な時にあのスタバ通が居ない。困ったでござる。

日常的にスタバに行かない僕が飲んでレビューするのはそもそも大丈夫なのだろうか、と思いながら『スターバックス ディスカバリーズ ダブルラテ』を試飲。

……何 コ レ、 う ま い。

申し訳ない、正直そこまでと思っていなかったので、ビックリしてしまった。

基本的に僕はコーヒーにはミルク類を入れない派。ミルクを入れるとコーヒーの香りがボヤけるような気がしていたり、ミルクの後味が口の中に残るのが嫌だな、という先入観があったから。また、コンビニでもこうしたコーヒー系飲料に期待して商品を買うことはまず無かった。

img_08081
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。