ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の社長の平均年齢は61歳! 60代が35%で最多、しかし黒字企業が多いのは40代

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京商工リサーチが全国の企業データベース281万社(2015年11月時点)を分析したところ、社長の平均年齢が60.89歳となったことが分かった。昨年から0.2歳の伸びで、わずかながら新陳代謝が進んでいるが、大きな変化には至っていないようだ。
高齢社長の業績は微妙、70代社長の2割が赤字

年代別の構成比では、60代社長が34.5%と最大。次いで70代が23.3%となった。70代が占める割合は、2010年の18.4%から右肩上がりで増加を続けている。30代以下は3.7%に減り、過去5年間で最低の水準となった。

しかし高齢社長の業績は芳しくない。減収減益企業に占める割合は、60代が27.2%で最も高く、70代以上が26.74%、50代が26.71%と続く。70代以上の社長は赤字企業の構成比が20.6%を占め、売上高1億円未満の企業も70代以上が19.4%を占めた。

黒字企業は40代社長の構成比が81.6%で最も高く、30代81.3%、60代80.5%、50代80.4%と続く。「増収増益」の比率が最も高かったのは、30代以下で37.2%。平均年齢は都道府県別では高知県の62.7歳、産業別では不動産業が62.6歳が最高だった。

あわせてよみたい:「しゅふJOB」運営するビースタイル三原社長インタビュー
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP