体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料オンライン講座「gacco」社長インタビュー~オンラインでの学びと交流が、新しい可能性の発見につながる~

無料オンライン講座「gacco」社長インタビュー~オンラインでの学びと交流が、新しい可能性の発見につながる~

大規模公開オンライン講座(MOOC:ムーク)サイト「gacco(ガッコ)」が話題だ。大学教授などによる本格的な講義を、オンライン上で無料で受講できるうえ、受講者同士で意見交換ができる掲示板の設置などにより、単に「授業を視聴する」だけではないインタラクティブな学習が可能。スマートフォンやタブレットで、通勤・通学時間やちょっとした隙間時間を利用して気軽に学べる点も支持され、2014年4月の講座開講以来1年10カ月で、約18万人(2016年2月時点)もの会員を集めている。講座によってはオンライン講座で予習し教室で演習を行う「対面授業」も有料で受講できる。

手掛けているのは、NTTドコモの関連会社であるドコモgacco。代表取締役社長であり、「gacco」の企画担当者でもある伊能美和子さんに、「gacco」立ち上げの背景、今後の展望などを聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20160217135906j:plain

株式会社ドコモgacco 代表取締役社長

伊能(いよく)美和子さん

NTT入社後、首都圏エリアの広告、イベントキャンペーン等のプロモーション、マーケティングを手がけた後、一貫して、メディア・コンテンツ領域の新サービス開発分野に従事。2012年よりNTTドコモで学び領域での新ビジネス開発を担当。日本初のMOOC提供サービス「gacco」の立ち上げを担い、2015年8月より現職。

MOOCと対面学習を取り入れた「相互学習」で、学び続けられる仕組みを

f:id:itorikoitoriko:20160217135907j:plain

「MOOC」とはMassive Open Online Courseの略で、インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な講義のこと。「gacco」は、このMOOCを日本でいち早く実現したプラットフォームだ。

「MOOCは2012年くらいからアメリカで注目され始めた新しい潮流です。我々は、教育領域での新規事業立ち上げを模索していた2013年にMOOCと出会い、“学習機会の格差をなくす”という理念に惹かれて『MOOCを取り入れたサービスが作れないか』と検討を開始しました。ただ、eラーニングなどオンラインを通じての勉強は、孤独なだけに継続しにくいというのが難点。リアルとオンラインの要素を組み合わせることで、勉強を続けやすい環境を作れないかと考えた時、単なるアメリカのMOOCの真似事ではなく、やはりアメリカで主流となりつつあった『反転学習』(オンライン講座で予習し、教室で演習を行うこと)という学び方を知り、MOOCと反転学習を組み合わせた新しいサービスを作ろうと考えたのです」

この新サービスを発案したのが2013年春。同年10月には報道発表を行い、翌2014年4月には『gacco』を立ち上げ、講座を開設。わずか1年の準備期間で、猛スピードで突き進んできた印象だ。開発において、MOOCのオープンソース「OpenedX」を活用したことも時間短縮につながったが、教育学の権威である東京大学大学院 情報学環の山内祐平教授とともに共同研究という形で進めたことで、「MOOC×反転学習というテーマが実現できたし、精度の高いインタラクティブなサービスにつながった」という。

「企画段階で山内先生にお会いして、描いていたサービスの構想をお話ししていた時、途中ですごくピタっと互いの思いがはまった瞬間があったんです。今はインターネットの時代。大学の研究成果もネット上に載っていなかったら、世の中的に見ればそれは『無い』と判断されてしまうのです。欧米の大学では、授業を無料で公開したり、積極的に産業界と連携したりするなど『知のオープン化』が進んでいます。日本もその流れに乗り、知識をもっとオープンにして世界に発信していかないと、日本のプレゼンスが落ちてしまうとの危機感、焦燥感を皆が持っていたことで、一気に結束力が高まりましたね。『1日でも早く世に出すべきサービスだ』との思いで一致団結できたから、このスピード感が実現できたのだと思います」

会員は学生から会社員、高齢者まで。対面授業では多世代交流も実現

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。