体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パイオニアがストリートダンサー向け新ブランド“STEEZ”からオーディオ6製品を発売へ

パイオニアがストリートダンサー向け新ブランド“STEEZ”からオーディオ6製品を発売へ

パイオニアは、小中学生から若者層まで人気を集めているストリートダンスシーンに注目、ストリートダンサーをターゲットにした新ブランド“STEEZ”を発表しました。第1弾製品として、ポータブルミュージックシステム3種、携帯音楽プレーヤー、ヘッドホン2種の6製品のオーディオ製品を10月中旬から発売します。

ポータブルミュージックシステムは、パソコンから内蔵メモリーに転送した音楽ファイルを再生するラジカセ型のポータブル音楽プレーヤー。ダンサーが踊りやすいサウンド再生、ダンス練習に向けた機能、ダンスバトルが気軽に楽しめる機能を搭載しているのが特徴です。ACアダプターと乾電池の2系統の電源に対応し、『iPod』や『iPhone』を接続するドックを搭載しています。

踊りやすいサウンドを再生

低・中・高域それぞれに最適な信号処理によりビート感を補正・強調することで、踊りやすいサウンド再生を実現。振り付けの練習で楽曲の音程を変えずにテンポを上下できる『テンポコントロール』、8拍単位で楽曲をスキップする『エイトスキップ』、曲中の指定したポイントにワンボタンでアクセスできる『ダンスCUE』、プリセットのリズムマシンなど、ダンスの練習に向けた機能を充実させています。指定したジャンルの曲を自動選曲しながらミックスする『DJ MIXモード』も搭載しています。

『オートバトルモード』を搭載

ダンスバトルは、1対1またはチーム対チームでダンスパフォーマンスを競い合う競技。通常は楽曲を選んでミックスするDJ、バトルを進行するMCが必要になりますが、同製品は楽曲のジャンルとパフォーマンス時間を設定すると、本体だけでダンスバトルができる『オートバトルモード』を搭載しています。

『STZ-D10S』

『STZ-D10S』は、キッズやエントリーユーザーの個人練習向けモデル。ブルー、ピンク、ホワイトの3色をラインアップし、10月中旬に発売予定。予想価格は2万5000円前後です。

『STZ-D10T』

『STZ-D10T』は、20代男性、ストリートパフォーマンスチームを対象にしたモデル。屋外でのパフォーマンスに向く防滴構造を採用しています。グリーン、ブラック、レッドの3色をラインアップし、10月中旬に発売を予定。予想価格は3万円前後です。

『STZ-D10Z』

『STZ-D10Z』は、スタジオや体育館で大人数が練習に利用するケースを想定したモデル。パワーと堅牢性に優れ、防滴構造も採用しています。カラーはレッドのみで11月中旬に発売予定。予想価格は5万5000円前後です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会