ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「ランチパスポート」が銀座・築地エリアに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エムティーアイは 2 月 16 日、同社が発刊しているほぼワンコインでランチメニューを提供する書籍「ランチパスポート」の公式 Android 公式アプリで銀座・築地エリアをサポートしたと発表しました。「ランチパスポート」は、書籍に掲載掲載されているランチメニューを通常 700 以上のところ 500 円(税込みまたは税別)で提供するもので、Android アプリでは書籍と同じメニューを利用することができます。アプリでは、キーワード検索のほか、和洋中の料理ジャンルの中から店舗を検索したり、現在地周辺の店舗を表示して近場でお得にランチすることが可能です。ランチパスポートの基本機能は無料ですが、パスポートを取得するにはアプリ内課金で購入する必要があります。有効期間が最長 3 ヶ月となる「スタンダードパスポート」は 960 円、有効期限が購入日から 30 日間の「30 日間プラン」は 380 円で提供されています。ちなみに、ランチパスポートでは、パスポートを 1 度だけ無料で利用できるお試し割引も提供しています。「ランチパスポート」(Google Play ストア)

■関連記事
WikipediaのAndroidアプリがGIFアニメをサポート
Android版「艦これ」の事前登録受付は2月下旬に開始
アルファポリス、個人で小説を執筆・投稿できる出版申請も可能なAndroidアプリ「アルファポリス小説投稿」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP