体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニーのAndroidタブレット『Sony Tablet』が『Sシリーズ』『Pシリーズ』として発売へ 3Gモデルはドコモからも販売

ソニーのAndroidタブレット『Sony Tablet』が『Sシリーズ』『Pシリーズ』として発売へ 3Gモデルはドコモからも販売

ソニーは、コードネーム『S1』『S2』として発表していたAndroidタブレット2製品を『Sシリーズ』『Pシリーズ』として発売することを発表しました。『Sシリーズ』は9.4型のタブレット、『Pシリーズ』は5.5型ディスプレーを2面搭載した折りたたみ型タブレット。初代『プレイステーション』のタイトルを遊べる『PlayStation Suite』にも対応します。Wi-Fiモデルの『Sシリーズ』を9月17日に発売し、3G通信に対応した『Sシリーズ』と『Pシリーズ』を10月から11月の間で発売を予定。3G対応モデルはNTTドコモからも販売します。

Sシリーズ

『Sシリーズ』には、ストレージ16GBのWi-Fiモデルと32GBのWi-Fiモデル、16GBで3GとWi-Fiに対応するモデルの3モデルをラインアップ。Wi-Fiのみ対応の2モデルではOSにAndroid 3.1、3G対応モデルでは最新のタブレット用OSであるAndroid 3.2を搭載します。9.4型WXGA(1280×800)を搭載し、本体の片側に厚みを持たせる“偏重心デザイン”が特徴です。持ったときに軽く感じるだけでなく、テーブルなどに置いたときに画面が傾斜し、視認性がよくなるデザイン。別売りの専用クレードルに立てかけて使用したり、別売りのBluetoothキーボードと組み合わせてパソコンのように利用することもできます。『Sシリーズ』16GBモデルの市場推定価格は約4万5000円、32GBモデルは市場推定価格約5万3000円と発表されていますが、3G対応モデルの市場推定価格は発表されていません。

Pシリーズ

『Pシリーズ』は、ストレージ4GBで3GとWi-Fiに対応する1モデルのみ。5.5型VGA(1024×480)2画面を搭載し、1画面にメール、もう1画面にソフトウェアキーボードを表示するなど画面を使い分けたり、2画面を大きな1画面としてウェブページを表示するなどの利用が可能。折りたためば、ポケットにも入るコンパクトサイズを実現しています。『Pシリーズ』の市場推定価格は発表されていません。

2機種共通の特徴は、『サクサク・エクスペリエンス』の採用、ソニーが提供する各種ネットワークサービスへの対応、テレビなど外部機器との連携の3点。『サクサク・エクスペリエンス』は、ハードウェアとソフトウェアを一体として開発し、快適な画面操作を実現する技術。ブラウザでJavaScriptの実行よりテキストの表示を優先、ユーザーが欲しい情報をすぐに表示可能にする『クイックビュー』、独自技術の組み合わせでタッチパネルの応答性を高める『クイック・タッチ』、入力内容に応じてキー配列を自動変更したり予測変換、オートコンプリートの機能を追加したソフトウェアキーボードから構成されます。

ソニーのネットワークサービスで対応するのは、映画やテレビ番組をダウンロードできる『Video Unlimited』、初代『プレイステーション』タイトルをプレイできる『PlayStation Certified』、10月以降に開始する電子書籍ストア『Reader Store』、写真や動画を共有できる『Personal Space』の4サービス。これらからアクセスできるビデオ、ゲーム、音楽などのコンテンツは、アプリから立ち上げることなく「Favorites」と呼ばれるメニュー画面から直接アクセスできます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。