体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタートアップ5社+社内2プロジェクトを支援するKDDIの『KDDI ∞ Laboスペース』がお披露目

スタートアップ5社+社内2プロジェクトを支援するKDDIの『KDDI ∞ Laboスペース』がお披露目

KDDIは8月24日、新しいウェブサービス開発を3か月間支援するインキュベーションプログラム『KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)』で、参加企業が利用できるコミュニケーションスペース『KDDI ∞ Laboスペース』の内覧会を開催。プログラムに参加するスタートアップ5社と、KDDI社内の2プロジェクトが企画の概要をプレゼンテーションしました。

KDDI ∞ Laboスペース

『KDDI ∞ Labo』は、「グローバルに通用する新しいインターネットサービスをつくり出していこう」をコンセプトに、5月から参加チームを募集、100チームの中から5チームが選考されました。『KDDI ∞ Laboスペース』は、KDDI代表取締役社長の田中孝司氏が「若い人が相談する場所がない。集まる場所を作って世界に通用するサービスを一緒に作りたい」と発案。端末の利用やKDDI社員との議論の場として参加チームに場を提供しているとのこと。参加チームは3か月間でサービスの立ち上げを目指し、ここを拠点に開発を進めていきます。

太田睦氏 giftee

参加チームによるプレゼンテーションは、『giftee』を運営するギフティの太田睦氏から。同サービスは、日常でちょっとしたプレゼントを『Twitter』やEメール経由で贈れる“マイクロギフト”サービス。パソコン上で相手と商品を選び、クレジットカード決済で商品を購入すると、贈られた相手はスマートフォン上でギフトカードを表示可能。『Twitter』経由でログインして商品を販売する店舗でパスコードを聞き、入力すると商品と引き換えできます。3月にサービスを開始し、既に50~60店舗が参加する実績を持っていますが、Androidアプリ版を開発するために『KDDI ∞ Labo』に参加したとのこと。

giftee
http://giftee.co/[リンク]

中平健太氏 Rearge

続いてガラパゴスの中平健太氏が開発中のサービス『Rearge(リアージュ)』をプレゼンします。同サービスは“リア充”でも簡単にゲームアプリを作れるというもの。『mixi』『Twitter』『Facebook』といったSNSでの行動を解析し、ゲームエンジンでアプリを自動生成。生成したアプリは実際の友だちに配布して遊んでもらうという“内輪ウケ”を狙うことで、より楽しく、バイラル性が強いゲームになるとのこと。ゲーム内容は、作成したユーザーがSNSで行動することにより情報が更新され、新しいイベントが追加されます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。