ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、静脈認証が可能なウェアラブルデバイスの特許を米国で出願

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が、手首の静脈で生体認証を行うウェアラブルデバイスの特許を米国で出願していました。何を目的に認証機能を搭載したのかというと、提出された特許明細によると、機能やアプリへのアクセスを保護するためのようです。ウェアラブルデバイスを介して別の機器の認証が可能になることも推測されます。この特許ではセンサーやプロセッサを用いてユーザの静脈画像を撮像し、アプリなどの実行の際に過去の認証で撮影された静脈画像と照合し、合致すれば認証をパスする方式を採用しています。現時点ではウェアラブルデバイスで個人を認証する製品は皆無に等しいと思うのですが、今後はこういった認証機能を備えた製品が続々と登場しそうです。Source : USPTO

■関連記事
HTC Perfume(HTC One M10)の指紋リーダーはタッチセンサー式のホームボタンと兼用?
Sports Illustrated(SI)の公式Androidアプリがリリース
root化されたスマートフォンでAndroid Payを利用可能な状態にする方法が発見される

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP