体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻のバーを訪ねて649.4kmの旅! 『CORONA ESCAPE BAR HAKUBA』取材記

01-2016-01-20 13.55.57_R

標高1450 m、白馬の絶景ゲレンデに“コロナ エスケープバー”が期間限定オープン!
北アルプスを眺めながら飲むコロナビールで最高の解放感を

というプレスリリースが記者のもとに届いたのだが、いくら何でも極寒のスキー場で冷たいビールは無かろうと半信半疑で見に行ってやろうと思い、日帰りショートトリップを計画した。

02-2016-01-20 07.54.29_R

ルートは北陸新幹線が開業したこともあって、乗車券は東京都区内から東京都区内行きの片道乗車券。
往路は新宿から中央本線の特急で松本まで行き、そこから大糸線で白馬に行き途中下車。
復路は途中下車した乗車券を使い、大糸線をさらに北上して糸魚川から北陸新幹線で一気に東京駅に戻る。
このルートだと、同じ経路を通らないので1枚の乗車券でぐるっと回る旅行になる。

しかし、乗車券を購入した時点でとんでもない旅になることは予想していなかった。

03-2016-01-20 07.45.23_R

8時ちょうどというと「あずさ2号」と相場は決まっているのだが、それは昔の話。
現在は下りが奇数と決められているので、新宿から中央本線を下ることになる列車名は「スーパーあずさ5号」となる。

04-2016-01-20 10.52.29_R

数分遅れで終点の松本に到着。
ここから大糸線に乗り換える。

05-2016-01-20 12.42.33_R

途中で雪がひどくなり、スマホには「大雪警報」が発令されたことを知らせるプッシュ通知が舞い込む。
しかし、スキー場に雪は付きもの。雪が降って不思議なことはない。
と思っていたら、電車が動かない。単線で対向列車が遅延しているために交換ができないのだ。

06-2016-01-20 13.05.28_R

白馬には20分少々遅れて到着。

07-2016-01-20 13.13.33_R

白馬に乗った王子様がいるのか、白銀の世界が待っているのか、とにかく目的地へ急いだ。

08-2016-01-20 14.33.03_R

Hakuba47スキー場に3月末まで期間限定で開業しているコロナビールが設置した『CORONA ESCAPE BAR HAKUBA』があるとのこと。
ゲレンデの下にある売店の一角にあるのだろうと、それらしきものを探した。

09-2016-01-20 13.47.13_R

しかし、そこのあるのは既存の店舗とリフト乗り場だけ。
木造ログハウス風だと聞いていたコロナバーは見当たらない。
スキー場の事務所に行って聞いてみてびっくり。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。