ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google『+1』ボタンを押したコンテンツが『Google+』で共有可能になりました

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google『+1』を押すと同時に『Google+』上でコンテンツを共有

Googleは、『+1』の機能追加を行い、同社ソーシャルサービス『Google+』のサークル上で『+1』を押したコンテンツの共有を可能にしました。数日中に全ユーザーが利用できるようになる見通しです。

Google「+1」ボタン 検索結果への表示

『+1』ボタンは、Facebookの『いいね!』のようなコンテンツ評価ボタン。Googleアカウントでログインすると、Google検索結果に表示されるコンテンツや、『+1』ボタンを実装したウェブサイトで利用できます。これまで、『+1』したコンテンツは、Googleが認識するユーザーのソーシャルグループのメンバーに共有されていましたが、今回の機能追加により、『+1』したコンテンツを『Google+』でも共有可能になります。

また、新たに『+1』ボタンを押したときに「Google+で共有」オプションが表示され、『+1』を押すだけにするか、コメントを追加して『Google+』上のサークルで共有するかを選べるようになります。コンテンツ共有を行う際には、『sharebox』と呼ばれるボックスに、「コンテンツのタイトル」「リンク先」「画像」「紹介文」を自動的に読み込んで表示。『sharebox』で表示するコンテンツは『+Snippets』と名付けられ、各ウェブサイトの制作者側でカスタマイズできます。

Google『+1』とFacebook『いいね!』、そしてGoogle『+Snipets』とFacebookで『リンク』投稿する際に表示されるボックス――両社は、「あっと驚く新機能で話題を呼ぶ」ことよりも、類似の機能を「使いやすくしてユーザーを引き込むか」でしのぎを削っているようです。次は、どちらがどんな手を打つのでしょうか?
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。