ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画あり】満天の星空とハイレゾの迫力音源!『サウンドプラネタリウム』 ~銀座・ソニービル~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


東京・銀座ソニービル8FのコミュニケーションゾーンOPUS(オーパス)において2月14日(日)まで開催されているプラネタリウム『MEGASTAR』とハイレゾリューション・オーディオ(以下、ハイレゾ)音源を融合させたイベント『サウンドプラネタリウム~天空の鏡に響く、ハイレゾの歌~』を取材した。
すでに報道関係者向けのイベントは昨年末に開催されているが、今年1月18日から上演楽曲が変更されているので、記者は誰もいない開館時刻前に独占取材をした。

なお、最近流行のハイレゾ音源とは、様々な定義があるが一般的にはCDのサンプリング周波数44.1KHz、量子化ビット16bitまたはDAT(同48kHz/16bit)を超えるデジタル情報を持つ音源とされている。

1階エントランスには、実際に使用されるハイレゾの音響機器が展示されている。

オーディオマニアにはたまらない展示だろう。

エレベーターで8階に上がるが、8階ボタンにはサウンドプラネタリウムのシールが貼りつけられていて、期待が高まる。

8階オーパスの会場の床は黒い鏡面パネルを敷き、狭い空間ながらも天井や壁だけでなく、床面にも星とCG映像が映り込むので視覚効果により広大な擬似的空間を楽しめるように設計されている。

写真はプラネタリウムを投影する「MEGASTAR-Ⅱ」という装置。

では、サウンドプラネタリウムの一部をHD動画でお届けする。

■ソニービル・サウンドプラネタリウム
https://youtu.be/Er_kL-_JoZE

なお、動画収録に当たっては取材のため特に許諾を得ているが、一般の来場では収録、撮影、録音はできないので注意されたい。また、権利上の関係で一部楽曲の音声は削除してるので、その部分は映像だけでご覧いただきたい。


プラネタリウムの動画での再現は難しかったが、静止画ではこのような感じになる。その美しい映像と迫力のサウンドは実際に見て楽しんでいただきたい。

現在の上演楽曲は次の通り。

■イベント後半期間 <2016年1月18日(月)~2016年2月14日(日)>
・JUJU ニューアルバム“WHAT YOU WANT”(12月9日(水)発売)より「WITH YOU」
・マイケル・ジャクソン アルバム“Bad”より「I Just Can’t Stop Loving You」
・miwa アルバム”ONENESS”より「希望の環(WA)」
所要約15分。変更の場合あり。


サウンドプラネタリウムは、東京・銀座のソニービル 8F「OPUS」で、2月14日までの期間中は毎日11時から19時まで音と映像が織りなす迫力満点のコンテンツを入場無料で楽しむことができるので、お出かけスポットに加えてみてはいかがだろうか。

※写真・動画はすべて記者撮影・収録

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP