体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フジテレビ『スーパーニュース』取材車が信号無視した件について 水戸警察「数件の問い合わせが来ている」

ガジェット通信で既に取り上げているフジテレビの報道番組『スーパーニュース』の信号無視VTR問題。水戸インターチェンジのUターン族タンクローリーを追跡した取材車が、取材中に信号無視をしてしまいその様子をそのままそっくりVTRで放送してしまった、というものだ。それを見ていた視聴者は信号無視を指摘しネットでも大騒ぎ状態。さらに信号無視する際にスタッフの「いっちゃお いっちゃお」という音声がきこえ、意図的に信号無視をした(させた)のではないか、との疑念もある。

この車はタクシーかハイヤーの可能性が高く、画面左にはボカシの掛かった運転手名パネルが確認出来る。実は本件に関してはネットでの騒ぎを受けて8月22日に同番組にて謝罪が行われたがその際のコメントは「信号が変わるのに気づかずタンクローリーに続いて左折してしまいました」という内容だった。しかし先ほども書いたようにスタッフは赤信号が見えてから「いっちゃお いっちゃお」と指示を出しており前のトラックを逃さないように追跡を続行していたのがVTRにそっくりそのまま映されている。

この交通法規違反の問題について所轄の茨城県水戸警察にコメントをうかがうことにした。つい先日も宇都宮市で危険な運転の様子を動画サイトにアップロードしていた男性が道路交通法違反(安全運転義務違反)の疑いで摘発されたり、有名なところでは昨年春にスピード違反の動画をアップロードしていた和歌山県の男性が道交法違反(速度超過)の容疑で逮捕され「現行犯でなければ捕まらないと思っていた」とコメントしたという事件がある。果たして道交法違反をおこなった動画を公開したテレビ局に対して、警察は公正な対応ができるのだろうか。

<1回目の問い合わせ>
記者 フジテレビの『スーパーニュース』にて水戸インターチェンジのUターン族の特集にて取材車両が信号無視をしたという件でお電話しました。実際にVTRを見たところ信号無視をしておりまして、この件でそちらの方に問い合わせが行っていないかお聞かせ頂きたいのですが。
水戸警察交通課(以下、警察) なんとも言えないですね。
記者 問い合わせは来てないんですか?
警察 本部の方には来ているみたいです。今日あったばかりなんで……。ちょっと今別件もいっぱい事件ありましてね。ちょっと今、どうのこうのできないんでね。
記者 実際に問い合わせは来ているんですね。
警察 問い合わせは来ておりますよ何件かは。
記者 ありがとうございます。

と、実際に何件かの問い合わせが来ているとのことだ。やや強引に話を打ち切られた感じがしたような……。しかしまだ疑問が残るため、再度電話し、今度は警察署の広報の方につないでいただいた。

<2回目の問い合わせ>
記者 フジテレビの『スーパーニュース』という報道番組で交通違反をした件について既に問い合わせが行ってると思うんですが、今後の対応など教えていただけますでしょうか。
警察 お答えできないですねー。
記者 例えばなんですが過去にネットで……
警察 お答えできないですね(食い気味で)
記者 いや、例えばなんですけど
警察 お答えできないですね(再度食い気味で)
記者 ネットでこういった動画が公開されて逮捕された例ってあるじゃないですか。
警察 何で逮捕されたの?
記者 スピード違反などをして逮捕された例ってあるんですよ。
警察 そうなんですか。
記者 で、逮捕まで無いにしても点数減らされるとかあるじゃないですか。でもって最悪出頭しなかったら逮捕とか。
警察 全く答えられないですね。
記者 全く答えられないんですか?
警察 方針も決まってないようですし。
記者 問い合わせはきてるんですよね?
警察 私は受けてないですね。
記者 先ほど聞いた方によるといくつかの問い合わせが既に来てるって言ってましたけど……。
警察 そういうことでよろしいですか?(急に終わろうとする)
記者 いやもう少し聞きたいんですけど。
警察 お答えすることありませんので。
記者 答えられないのは何故なんですか?
警察 答えられる内容が無いんです。広報してる内容が無いのでお答えできません、どうも。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。