ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ナミビア。

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Tokyo Life

今回はKenさんのブログ『Tokyo Life』からご寄稿いただきました。

ナミビア

ナミビアに行ってました。純粋に観光で。
南アフリカの北西、大西洋に面した国です。ドイツ領南西アフリカから南アフリカによる統治を経て、1990年に独立した若い国です。国名の由来は国土の相当部分を占めるナミブ沙漠から。そしてその国土の面積は日本の2倍以上あるのに、人口は200万人強しかいないという人口密度の低さも興味をひきます。

ドイツ領だった時代にも南アフリカが飛び地として統治していたWalvis Bayの空港から、大西洋に面したこじんまりとした町Swakopmundを経て2時間ほど北上すると、Cape Crossに到着します。なんとかっていうポルトガル人だかが最初に到着したところらしいのですが、そんな話も圧倒してしまうのはアザラシのコロニー。

ナミビア01 ナミビア02

死んでるように見えますが、生きてます。

ナミビア03

さらに北上すると、Skelton Coast(骸骨海岸)と呼ばれる海岸線のドライブになります。船の座礁が多いことで有名な海岸で、途中には座礁したばかりの船もありましたが、時間が経つとこんな風に。

ナミビア04

骸骨海岸、っていう名前も分かる。骨が落ちてました。

ナミビア05

で、レンタカーがドロドロ。

ナミビア06

海岸を離れ内陸側に進み、ナミブ沙漠観光の拠点の宿に。宿からの景色。

ナミビア07

そして、Namib-Naukluft国立公園の入口から近いところにある砂丘、“Dune 45”。入口から45kmのところにあるからそう呼ばれているそうです。風が強い日でしたけど、みんな登ってますねぇ。

ナミビア08

途中、ダチョウやガゼル、オリックスもいる。写真はオリックス。

ナミビア09

そして、アプリコット色の砂丘。

ナミビア10 ナミビア11 ナミビア12

さらに歩いて行くと、300年前に干上がったといわれている湖の跡。Deadvlei。

ナミビア13

自然の景観というよりは、なんかのデザインのような景色です。

ナミビア14

枯れ木は湖よりもさらに古く、600年~900年前のものと考えられているそうです。

ナミビア15

この地の砂は鉄分を始めミネラルを多く含むせいで重く、砂丘の場所があまり変わらないそうです。

こっちの湖にはまだ水がある。

ナミビア16

砂丘に向う途中の風景。まったくもって何もないっていうか、わけが分からない感じ。

ナミビア17

植物の生えているところもある。これは通称「ostrich cabbage(ダチョウのキャベツ)」。

ナミビア18

ヘリコプターで行けるのは、沙漠のほんの入口のところまで。それでも壮大な景観です。

ナミビア19 ナミビア20 ナミビア21

地表に見えるぶつぶつの模様は“fairy circle(妖精の輪)”。そこだけ草が生えない。地中に草の生育を阻むシロアリがいるとも言われているけど、その“妖精の輪”の土を取ってきて虫を除いてから鉢植えの土にしても植物が枯れるそうで、本当のところはよく分からないとガイドさんは言ってました。

ナミビア22 ナミビア23

宿泊中の宿を上空から。

ナミビア24

草原に沈む夕日。

ナミビア25 ナミビア26

ナミビア。植民地や信託統治領としての歴史や、少数民族の歴史、現在の政治経済など興味深い話もいろいろあるんですが、とりあえずはこの圧倒的な景観。無粋なことは今は語りますまい。

広い国なので私たちが見たのはほんの一部だし、写真をいくらアップしてもやっぱり実際に見ていただかないとこの壮大さは分かりづらいですよ。日本からはバンコク、シンガポール、香港、ドバイなどを経由してまず南アフリカに入ってからさらに飛行機で2時間ほど。さらに車で400km~500kmは走らないとナミブ沙漠の入口のSossusvleiまで到達しないので簡単じゃないですが、行ってみる価値はあると思いますよ。

おまけ。
記念撮影するため、道路脇に打ってあったくいの上にカメラを載せようとがんばっている私。

ナミビア27

執筆: この記事はKenさんのブログ『Tokyo Life』からご寄稿いただきました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。