ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オシャレすぎるメニューがずらり! デリカフェ『フランツ アンド エヴァンス ロンドン』日本初出店!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

TOP

イギリス・ロンドンで大人気のデリカフェ『FRANZE & EVANS LONDON(フランツ アンド エヴァンス ロンドン』日本1号店が、1月22日、東京・表参道にオープン。 野菜たっぷりでヘルシーなうえに、見た目もキレイでおしゃれなメニューの数々をご紹介します。

image1

デリカフェ『フランツ アンド エヴァンス ロンドン』が表参道に日本初オープン!

Img01042

『FRANZE & EVANS LONDON(フランツ アンド エヴァンス ロンドン』は、イギリス・ロンドンのトレンド発信地となっているイーストエリア・ショーディッチで、多くのアーティストやクリエイター、地元の人々の支持を得ているデリカフェ。

外観

そんなロンドンでいちばんトレンディなお店が1月22日、東京・表参道に日本初上陸。

あるときは、毎日行っても飽きない街の食堂、あるときは、ショッピングの合間にほっと一息できるカフェ、またあるときは、料理とドリンクをゆっくり楽しめるレストラン――。生活の中の様々なシチュエーションに溶け込むデリ&スイーツ、そして空間を提供していきます。

内装

お店に一歩足を踏み入れると

スイーツ

乙女心をくすぐる華やかなスイーツたちがお出迎え。

スイーツ2

スイーツ3

まるで、英国のティーパーティに迷い込んだかのようです。

デリ

ガラス越しに見えるフードもカラフルでオシャレ。

デリ2

野菜たっぷりで見るからにヘルシーな印象です。

テラス

座席は全部で60席。外にテラス席があるほか、

窓際

中にも通りが一望できる座席を完備。

席

店の中ほどまで入っていくと、チェス盤のような白黒模様の床と深い緑の壁で作られたシックな空間に、様々なテーブル席が用意されています。

席2

席3

席4

席5

モダンブリティッシュにアレンジされたデリ&スイーツの数々!

image2

『フランツ アンド エヴァンス』では、“料理はクリエイティブであること”をキーワードに、イタリア料理や地中海料理を“モダンブリティッシュ”へアレンジした、ヘルシーなデリとスイーツを提供しています。

旬の野菜をふんだんに盛り込みながら、見た目の美しさも追及した、こだわりのメニューの数々を、ロンドンの本店さながらに、ここ日本の表参道でも味わうことができるのです。

メニューは全て、毎日店内で手作りされているフレッシュメイド。季節によってメニューが変わるので、何度行っても食べ飽きすることがありません。

スイートポテトリコッタチーズ

スイートポテトリコッタチーズ 550円

ナスとサーモンサラダ

ナスとサーモンサラダ 550円

スモールパスタサラダ

スモールパスタサラダ 550円

スパイスカリフラワー

スパイスカリフラワー 550円

ヴィクトリアケーキカップケーキ

ヴィクトリアケーキカップケーキ 600円

チョコレートビーツカップケーキ

チョコレートビーツカップケーキ 500円

チョコレートビーツローフ

チョコレートビーツローフ 700円

バナナ塩キャラメルローフ

バナナ塩キャラメルローフ 700円

レモンコジェットケーキ

レモンコジェットケーキ 700円

気になるそのお味は……?

アランチーニ(肉)

アランチーニ(肉) 650円
外はサクサク、中はほわっとしたライスコロッケ。

中にはコシヒカリのご飯、わけぎ、とろけるモッツアレラとパルミジャーノレッジャーノとコットハムが入っています。

一口頬張ると、チーズの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。そして、ゴロっと入ったハムがジューシー。食べ応えもバツグンです。

ケールと4種類の豆のサラダ

ケールと4種類の豆のサラダ 550円
インゲン、スナップえんどう、枝豆、絹さや、の4種類の豆が入ったサラダ。それぞれの豆の食感・甘みの違いが楽しい一品です。

すべての素材がシャキッとしていて、とてもフレッシュなことがわかります。素揚げされたアメリカンケールがパリパリ香ばしく、クセになるアクセントに。

アボカドトマトサラダ

アボカドトマトサラダ 550円
アボカドとトマト、それにバジル、レモン、ニンニク、オリーブオイルがたっぷりと加えられたシンプルなサラダ。

口当たりは酸味強め。アボカドのまろやかさと、トマトの甘みを楽しめる、さっぱり系デリです。

ゴールデンビーツレッドサラダ

ゴールデンビーツレッドサラダ 550円
オーブンでじっくりローストされたビーツは、ジュワッと口の中でほどけて、ほっこりと甘くおいしいです。

バルサミコドレッシングの酸味とゴーダチーズの風味がベストマッチでした。

ビーガンサラダ

ビーガンサラダ 550円
味わいが七変化するサラダ!

にんじん、ケール、ブロッコリー、カリフラワーの4種の野菜がメープルとライムで和えてあり、噛むごとに違う味と香りが飛び出してきます。

ヒマワリの種とドライクランベリーのアクセントもポイント。

サフランチキンライスサラダ

サフランチキンライスサラダ 550円
タイム、サフラン、ハチミツ、菜種オイルが、味の決め手となっているライスサラダです。

具材には、ローストしたジューシーな国産鶏もも肉、食感がいきたひよこ豆、パプリカが入っています。

ハーブの香りがとても良く、食が進みます。

パブロヴァ

パブロヴァ 700円
さっくりと焼き上げられたメレンゲに、たっぷりのホイップクリームとベリーをサンド。いちばん上にはイチゴ、フランボワーズ、ざくろ、ピスタチオ、エディブルフラワーをトッピング。

とってもゴージャスで、かわいくて、夢の国のお菓子のよう。

ホイップクリームは砂糖不使用。軽やかでなめらかな口あたり。ベリーの自然な甘酸っぱさと、メレンゲとクリームが織りなす優しい甘さで、ほんわか幸せ気分に浸れます。世にもふわっふわなスイーツです。

ロンドンでも人気メニューの1つなのだそう。筆者もイチオシです!

レッドヴェルベットカップケーキ

レッドヴェルベットカップケーキ 600円
フランボワーズを使った生地の中に、ラズベリーソースを忍ばせて焼き上げたカップケーキ。あまーい中に、ほんのり酸味が利いています。

深紅の生地に飾られた、真っ白なクリームチーズのアイシングは花びらのよう。バラを思わせる美しいスイーツです。

お食事はお得なセットメニューがオススメ!

ランチセットメニュー<A>

ランチセットメニュー<A> 1380円
お食事をするなら、セットメニューがお得。こちらは、選べるデリ3種に本日のスープ、ドリンクがついたランチセット。野菜たっぷりで、ヘルシーなランチが楽しめます。

ランチセットメニュー<B>

ランチセットメニュー<B> 1580円
こちらはホットディッシュ1種とデリ2種に、本日のスープ、ドリンクがついたランチセット。しっかり食べたいお昼はこのセットが良さそうですね。

ディナータイムにも、ホットディッシュ1種とデリ2種のセット(税込1580円)が用意されています。

テイクアウト

また、2月中旬より、テイクアウトもできるようになります。なんと終日OK。単品もセットも全てお持ち帰りすることができます。

ロンドンのオシャレな雰囲気を味わいに、ぜひ一度、足を運んでみては?

『FRANZE &EVANS LONDON (フランツ アンド エヴァンス ロンドン)表参道』
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-4 1F 東京メトロ 表参道駅 A2出口より徒歩5分
TEL:03-5413-3926
営業時間:月~金 9:00~21:00(L.O.20:30)
     土 10:00~21:00(L.O.20:30)
     日・祝 10:00~20:00(L.O.19:30)
座席数:60席
公式サイト:http://www.franzeevans.co.jp/

■メニュー
●単品(100g単位)終日
デリ:550円~ スイーツ:600円~

●モーニングメニュー 9:00~11:30(土日祝は、10:00~11:30)
モーニングクロワッサンサンド4種 各580円

●ランチセットメニュー 11:30~16:30
<A> デリ3種+本日のスープ+ドリンク 1380円
<B> ホットディッシュ1種+デリ2種+本日のスープ+ドリンク 1580円

●ディナーセットメニュー 16:30~21:00(土日祝は16:30~20:00)
ホットディッシュ1種+デリ2種 1580円

※価格は全て税込です。

道順1

東京メトロ 表参道駅 A2出口を出たら、原二本通りに入ります。

道順2

『SAC』があるところで、左に曲がります。

道順3

『Allegretto』があるところで、右に曲がって3軒目。

店舗

1Fに『フランツ アンド エヴァンス ロンドン』があります。

※本記事はギャザリー(http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/[リンク])とガジェット通信で共同制作しました。

Nagaya Ayakaの記事一覧をみる ▶

記者:

若いうちはなんでもやっとけー! とがむしゃらに生きている20代女です。 趣味は旅行と読書、創作活動、そして酒。夢中になると大変なことになるので、いつも控えめに過ごしております。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。