ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも簡単にウォールアートが描ける“ハイテクスプレー缶”が面白そう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々の生活に彩りが欲しい、そんなあなたはアートを部屋に取り入れてみてはいかがだろう。

味気ない壁に飾るのにピッタリな、“オリジナル壁画”を制作できるのが「SprayPrinter」である。

・デジタルデザインを実物のウォールアートに!

このワイヤレスデバイスを使って、スマートフォンを通じ、デジタルデータのデザインを実物のウォールアートに変換することが可能だという。

使用方法はとてもシンプル。まず、専用アプリから好きな画像を選び、スマートフォンカメラをキャンバス全体が写るように設置する。

・ドットの集合で形成されるデジタルアートが完成

次に、「SprayPrinter」をエアゾールスプレー缶に設置した後、デバイスとアプリを起動。

普通、インクジェットプリンターは、バーが左右に動いてプリントしていくものだが、「SprayPrinter」では、その代わりを担うのが人間の手そのもの。

手を動かしていくと、デザイン画で規定された正確な位置に、随時スプレー缶からインクが噴霧され、ドット(ピクセル)がキャンバス表面にプリントされていく。つまり、ドットの集まりが、ひとつの画像を形成しているのだ。

スマートフォンカメラがキャンバスの正確な位置を把握し、ミスした箇所がないか検出したり、プリントプロセス全体のコントロールの役割を担っている。部屋の間取りやニーズに合わせて、仕上がり画像のサイズを自由に調整できるのはデジタルデータならでは。

・ユーザー同士を結びつけるコミュニティとしても機能

制作チームとしては、アートツールというだけでなく、アーティストと顧客、ユーザー同士を結びつけるコミュニティプラットフォームとしても機能させていきたい考えだ。

・Indiegogoで出資を募集中

手を動かすだけで、子どもから大人まで、誰でもウォールアーティストになれる楽しいツール「SprayPrinter」。

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、予価149ドル(約17600円)~、12月に提供開始を予定している。

SprayPrinter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP