ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

環境省のエコ・キャラクター「まるでヨダレを垂らしているよう」とネットで不評

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

環境省がエコプロジェクトのために発案した新キャラクターが、インターネットで不評だ。このキャラクターはエコアクションポイントという、エコな製品を購入するともらえるポイントのチップに描かれており、クマをモチーフとしたデザインで、顔の部分が英字の「e」「a」「p」(エコ・アクション・ポイントの略)で構成されている。このポイントの導入により、購入者のエコに対する意識が高まることが期待されている。

しかし、このeapキャラクター、「ヨダレが垂れているようだ」「ここまでくると限度を超えているとかのレベルじゃないな」として、インターネットの掲示板やブログでは不評のようである。また、このキャラクターに名前がないことから、「えこえこあうあう」などの名前でアスキーアート(文字や記号で構成されたイラスト等)が作られるにまで発展している。インターネットでの声は以下の通り。

・よだれ垂れとるぞ
・あーあ、これはやっちゃったわw
・ちょっとまて 本気でやばいだろこれ
・おいおい、ラリってるだろこれ・・・
・元ネタがAAなんじゃないかと、本気で思えてきた
・これ店頭に張り出されるのか。耐えられる自信がない
・なんでヨダレたらしてんの?ラリってるようにしかみえない
・ヨダレが出てる
・なんでよだれ垂らしてんだよ
・また2ちゃんねるからのパクリか
・恥デジカよりもやべえ

また、このキャラクターのブログパーツも公表されており、エコライフに強い関心のある人や、純粋にこのキャラクターをかわいいと思う人が自身のブログにこのブログパーツを設置することができる。ブログパーツの内容は、このキャラクターが海で泳ぎながら「僕を助けて!」と叫んでいるというもの。

また、エコ・アクション・ポイントの公式サイトにはこのキャラクターの名前が書かれておらず、環境省に取材をしたところ担当者不在とのことで、このままではアスキーアートの名前「えこえこあうあう」として広まってしまうことも考えられる(このニュースの詳細記事はこちら)。
 

■ほかにもキャラクターに関する記事があります
“かんぴょう”のユルキャラ誕生! 担当者「マッタリしているから戦闘向きではない」
『プリキュア』そっくりの鹿児島県オフィシャル自動車税キャラクター!
お誕生日おめでとう! ギャルゲーの女の子の誕生日を祝うファン
「“地デジカ”著作権侵害は許さない」と言っていた民放連が著作権侵害か
こんな痛快でおもしろい漫画は稀!『ゴクジョッ』は画期的な美少女漫画!?

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP