ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[PR]【ひと先試食】マクドナルドが2月に発売する“名前募集バーガー” 採用のポイントも聞いてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日本マクドナルドが前代未聞のキャンペーンを展開中だ。2月2日(火)から発売される新作バーガーの名前を一般から募集し、グランプリ作品は全国のマクドナルド店舗で正式名称として採用されるという。

とはいえ、新作バーガー(以下、名前募集バーガー)の特徴を知らなければ名付けも難しいだろう。都内で開催された先行試食会に参加した筆者が、名前募集バーガーのグルメレポートとあわせて採用のポイントについても紹介するので、ぜひ名付けチャレンジの参考にして欲しい。

名前募集バーガーとは

2月2日(火)より期間限定で発売となるのは、『北海道産ほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシービーフバーガー(仮)』

長い。長すぎる! ということで、一般から名前を募集しちゃおう、となったわけだ。

仮称を読めばなんとなく想像できてしまったかもしれないが、北海道産じゃがいもにバターの風味をあわせたポテトフィリング、北海道産の生乳を使ったチェダーチーズが一番の特徴と言えるだろう。さらに、100%ビーフパティ、ベーコン2枚、焦がし醤油で香ばしく味付けしたオニオンソースが、特製の“手丸め”3段バンズでサンドされている。

ポテトはなめらかな舌触りが特徴で、バターの風味で非常にコクが効いた味わい。フワフワの特製バンズやスモーキーなベーコンとの相性もバッチリだ。

ソテーしたオニオンの旨みと甘みが口の中に広がり、チェダーチーズの濃厚な味わいを引き立てる。焦がし醤油風味のクセになる香ばしさがアクセントとなり、決して最後まで飽きることがない一品だ。

なお、名前を応募して見事グランプリ作品に選ばれた1名には、名前募集バーガー10年分の賞金142万3500円(390円×10年分)がプレゼントされる。これは参加しないわけにはいかないだろう。

名付けにチャレンジ

試食会では、参加者全員でひと足先に名付けにチャレンジする機会も。せっかくなので、筆者もガチンコで賞金を狙える名前を考えてみた。

まずひらめいたのが、昨年の大ヒット映画にあやかった『マックマックス 北のポテ・ロード』

しかし、日本マクドナルドによると、本キャンペーンの採用のポイントは、「具材一つひとつのこだわりや味など、ひと言では言い尽くせない美味しさ、魅力、特徴を分かりやすく表現して、“食べてみたい”“親しみやすい”と感じていただける名前」とのこと。

その結果、筆者が考案したのがコチラ。『なめらか! ホクほくポテトビーフバーガー』(通称:ほくビー)

北海道の「北(ホク)」、ほくほくの「ほく」、メインとなる「ポテト」と「ビーフ」を名称に残しつつ、蛇足だとは分かりながらも食感のインパクトが強烈だった「なめらか!」を頭につけてみた。ニックネームは“ほくビー”。『エッグチーズバーガー』(通称:エグチ)、『バーベキューポークバーガー』(通称:バベポ)など、正式名称とあわせてニックネームを考案するマクドナルド最近の傾向への対策もバッチリだ。

ちなみに、本日1月26日(火)から全国100店舗限定で名前募集中バーガーを先行販売している。正式名称が決まるまでは、自分が考えた好きな名前で注文が可能らしいので、思い付かなかったら“ほくビー”を使ってくれても構わないぞ!

名前募集キャンペーンの募集期間は、2月2日(火)~15日(月)まで。グランプリ作品の名称は、2月22日(月)に特設サイト内で発表され、翌日23日(火)より、全国のマクドナルド店舗や広告・テレビCMなどで正式名称として使用されることになる。

特設サイトでは現在、CMキャラクターを務めるお笑い芸人のバカリズムさんが、「こんな名前は採用されない」と題した名付けのコツを伝授しているので、こちらも参考にしながらキャンペーンに参加してみては?

バカリズム直伝!バーガー10年分をタダで食べる方法(YouTube)
https://youtu.be/yMjF1zWx8f0

<名前募集バーガー>
販売期間:2月2日(火)~3月中旬(予定)
※1月26日(火)~全国100店舗で先行販売を開始
価格:単品390円、バリューセット690円

日本マクドナルドキャンペーン特設サイト:
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/namaeboshu/index.html

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP