体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6000円でマイシアターを作る方法

6090円でマイシアター

春ごろからがんばってきたダイエットも暑さで小休止。こんな猛暑で運動したら痩せる前に倒れてしまう。

やっぱり暑い夏は、エアコンの効いた(もちろん節電で28度設定!)室内でのんびり映画でも観たいもの。
とはいえ、子どものいる世のお父さんたちは、子どもの教育がどうとかいろいろあるからリビングで大音響で映画鑑賞なんてほぼ不可能。そこでどうしても自室内でこそこそ観ることになってしまう。

私の書斎は団地サイズの5畳。書斎があるだけマシと思われるかもしれないが、夜更かし好きで生活リズムが子どもと合わないためによる、要するに隔離部屋である。
隔離されてでも好きなことをできるのはいいが、ホームシアターとなると、そこそこのサイズの画面を安価で購入する必要があり、しかもベッドにマッサージチェア、本棚、パソコンやプリンター一式を置いてある部屋に設置しなけれならないなど、難しい条件が重なってくる。

だが、『facebook』で、後輩の「新しいモニターを手に入れたので、今の25インチが不要になったけど誰かいる?」という書き込みを見つけたら、反射的に「欲しい!」と書き込んでしまった(一応安いけどお金払ってます)。
「25インチ不要になったからいる?」なんて独身ならではのぜいたく。先輩としてのプライドは捨てて、ありがたくおこぼれにあずからせてもらう。

だが、問題は置く場所だ。マッサージチェアの前に置きたいけどそんな余裕はない。

そこで、モニターアームを使って、部屋の配置を工夫してデスクでもマッサージチェアでもこの新しい(中古だけど)大画面を楽しめる方法を試してみた。

モニターアームは、最近は秋葉原にも結構な数が売っている。上を見ればきりがないが、もらったモニターより高くなるのは本末転倒なので、今回は『SMA-192』という耐加重10kgのものを使うことにした。価格はおよそ6000円。メーカー名は書いてないけど台湾製らしい。説明には19インチ用と書かれているが、もらったモニター(LGの『LATRON Wide LCD W2600V-PF』)の重さが9.9kgなので、たぶん大丈夫なはず(自己責任でよろしくね)。

6000円でマイシアター

箱から出すとこんな感じ。可動部は組み付けた形で箱に入っているので意外に部品点数は少ない。ただし説明書は飛行機のチケット大の紙だけ……。

六角レンチが付属しているところがなかなか親切。自分ではプラスドライバーだけ用意すればいい。

6000円でマイシアター

そして、モニターに元々付いていた脚を取り外す。多くの液晶モニターは75mm角か100mm角の規格で4箇所にネジ穴が切ってあり、壁掛けのステイやアームなどに取り付けられるようになっている。もし自分のモニターにアームが付けられるか確かめたい場合は、裏側にこのネジ穴4つがあるか見るといいだろう(正確には、メーカーのサイトで仕様図を確認することをお勧めします)。

6000円でマイシアター

外した脚の代わりにアーム部をプラスネジ4本で取り付ける。実用本位のステイなので、なんかしょぼいけど裏側だから気にしない。

しかし、規格とはいえ25インチをネジ4本で大丈夫なのかとちょっと心配になる。

6000円でマイシアター

次に台座の取り付け。パソコンのデスクは高いものを使っていない限り、L字金具で角を補強してあるから、その高さを乗り越えて取り付けられるか心配だったけど、その辺は考えられていて、厚さ10cmくらいの障害なら楽勝で取り付けできそう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会