ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

節分は「鬼」をたべて鬼退治!どこか憎めないかわいい鬼が、スイーツやパン、お寿司になって登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

節分は恵方巻にかぶりつく、節分の風物詩としてそんな風景が定番化してきた最近。今年はいつもと違う節分にしたいと思っているなら、鬼をかたどったスイーツやパン、お寿司で縁起を担いでみてはどう?

大丸浦和パルコ店が2月1日~3日に販売するのは、ちょっとおちゃめな鬼の形をしたスイーツやパン。

2月3日限定で「アドリア洋菓子店」が発売するのは「赤鬼くん・青鬼くん」(各430円・限定数各色20)。かわいい赤鬼と青鬼をドーム型のケーキであらわしている。表情はちょっと怖いが、どこか憎めない鬼たち。

「ベーカリースイーツ」からは「赤鬼パン、青鬼パン」(各162円)。鬼の形をしたパンの中にチョコクリームをいれた。節分の日のおやつにいかが?

「にぎり寿し 彦丸」が2月3日限定で発売するのは「赤鬼すし、青鬼すし」(各780円・限定数各20)。2つセットだと1500円でお得。赤鬼すしにはたっぷりいくらを、青鬼すしにはかにをたっぷりのせている。お寿司のふたを開けた途端に楽しい気分になれる節分向けのお寿司。

いつもの恵方巻をまるかぶりしたい人は、豊富に約40種類を取り揃えた大丸浦和パルコ店で、お好きな恵方巻を探してみよう。

今年の節分は、鬼のスイーツやパン、お寿司を食べて鬼退治しよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。