ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジタルクルーズ、3G対応のデジタルサイネージ向けAndroid STBを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタルクルーズは 1 月 20 日、Android を搭載した 3G 対応のデジタルサイネージ向けセットトップボックス「admint BOX」を発売しました。admint BOX は、同社のデジタルサイネージサービス「admint」の端末ラインアップとして提供される製品です。一般消費者向けの製品ではありません。STB 型の製品なので、従来のデジタルサイネージやタッチディスプレイなどを admint 対応のデジタルサイネージ化することができます。また、Wi-Fi や 有線 LAN だけではなく 3G WCDMA にも対応しており、LAN 設備のない場所でもコンテンツの配信や他の admint 機器とまとめて管理することが可能になります。STB の仕様は、Android 4.2.2、1.2GHz デュアルコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、Wi-Fi b/g/n、RJ45 x1、USB-A x1、HDMI 出力端子 x1、3G WCDMA 800 / 2100MHz 対応などです。Source : デジタルクルーズ

■関連記事
Galaxy J7(2016)はフルHDディスプレイや3GB RAMなどを搭載
ケイ・オプティコム、MVNOサービス「mineo」に10GBの大容量プランを1月21日より提供
交通新聞社、「デジタルJR時刻表 Lite」のAndroid版を1月29日にリリース

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP