ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】秋田県秋田市でから揚げ弁当戦争勃発! デカ盛りのから揚げ弁当屋3軒が大人気で「隠れ秋田名物」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋田県秋田市の名物といえば、から揚げ弁当である。きりたんぽ? 漬物? 末廣ラーメン? 確かにそれらも絶品だが、秋田市を代表する名物は「から揚げ弁当」だと断言しよう。

・地域住民に愛される名物
いまから30年以上前から秋田市に存在する、美味しい弁当屋「たいあん弁当」。ここのから揚げ弁当は420円と低価格にもかかわらず、激しくデカ盛りなことで有名なのだ。しかもかなり激ウマな究極のB級グルメ。いつしか秋田市民の空腹を満たす「地域住民に愛される名物」として、浸透したのである。

・秋田県出身の秋田美人記者
しかしここ数年の間、新たに2軒もデカ盛りのから揚げ弁当の店が登場。まさに「たいあん弁当」をインスパイアしたようなデカ盛りっぷり! どの弁当屋のから揚げ弁当も、そのボリュームに圧倒されるほどビッグなのである。ということで、秋田県出身の秋田美人記者に各弁当屋の味見をしてもらったぞ!

・たいあん弁当 東通店
「そのまま食べるとシンプルすぎるのですが、付属のソースをかけると劇的に美味しくなるんです! カラッとした衣に、やや甘めのソースが浸透して香ばしさが増すんですよ! 衣が多めで、しかもカリカリしているので脂と油の旨味をたっぷり含んでいるんですよね。そしてフワフワの玉子焼きとボイルしたインゲンが、こってりしたから揚げにバッチリ合うんです! フライドポテトも入っているのすが、唐揚げの脂が染み込んでてたまらなく美味!! まさしく秋田市ナンバーワンのから揚げ弁当でしょう。大切だからもう一度言いますよ。必ずソースをかけてくださいね」

住所: 秋田県秋田市東通6-1-21
時間: 10:00~13:30 14:30~19:00
休日: 木曜

・はじめ 広面店
「おそらく、たいあん弁当をインスパイアしたお弁当屋さんだと推測します。から揚げのデカ盛り具合は元祖に負けません! その盛り付け方も、たいあん弁当にそっくりです。でも最大の違いは、から揚げの衣と肉質でしょうか。こちらは極めて薄い衣をこんがりとキツネ色になるまでじっくり揚げています。肉質は良い意味でかため。ガッツリ食べたいときにピッタリです。付属のソースをかけなくても美味しかったですよ。一緒にゆで卵と漬物が入っています」

住所: 秋田県秋田市広面樋ノ沖34-2
時間: 10:00~14:00 16:00~19:00 土10:00~14:00
休日: 日曜祝日

・ふじや からあげ店 本店
「たいあん弁当はから揚げ以外の弁当も豊富ですが、ふじやさんはから揚げに特化したお弁当屋さんと考えてよいでしょう。味付けが濃い目のから揚げがドドーンと詰まっています! やや濃い目なので、たいあん弁当のようなシンプルなから揚げとは別物に感じました。特筆すべきは肉質ですね!! からあげ専門店とあって、とても柔らかいです!! もう少し薄味のほうがいいかも!? 美味しいですけどね!!」

住所: 秋田県秋田市東通り2-1-42
時間: 11:00~20:00
休日: 不定休

・デカ盛りのから揚げ弁当
秋田市では、上記の3店舗がデカ盛りのから揚げ弁当屋として君臨しているという。デカ盛りのから揚げ弁当を生んだ、たいあん弁当のスピリッツ。今後も秋田市にデカ盛りから揚げ弁当の店が誕生していくかもしれない。

・いろいろこだわりがある秋田市民
ちなみに、夢を叶えるべく上京して生活している秋田市出身の天童正弘さん(フリーター / 53歳)によると、「たいあん弁当の美味しさを引き立てている影の立役者は、まさしくインゲンです。あのインゲンそのものの味が、唐揚げの濃厚な美味しさを盛り上げるんですよ。あと、たいあん弁当は店舗によって接客態度が違うから、私は東通店に行きます」とのこと。

なるほど、いろいろこだわりがあるみたいだ。

https://youtu.be/iYvWIyLvTU0

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/17/akitashi-karaage/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP