体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

450円で食べられる最高峰のデザートがオダサガにはある @『焼肉はせ川』小田急相模原

15hase12a008_R

まさかのグルメスポットとして微妙に熱いオダサガ(小田急相模原)ですが、中でも”オダサガのラスボス”として名高い『焼肉はせ川』を、今年もガンガンにブッ込んで行こうと思う所存で御座います。

まずは『バニラシェイク』で乾杯!

15hase12a049_R

焼肉屋さんで乾杯と言えば、ビールが定番かと存じますが、歴戦のハセラーともなると

「シェイク的な何かで乾杯!」

となります。ビールや酒は他の店でも飲めるので、ツウは『焼肉はせ川』でしか飲めないドリンクをチョイスします。

これが『焼肉はせ川』を100%愉しむ秘訣で御座います。

15hase12a010_R

とくにシェイク系は期間限定な事が多いので、メニューに貼ってあったらドンドン注文して行きましょう!

ちなみにコチラの『バニラシェイク』(400円)は”大ジョッキ”で登場するので、色々な意味で宴の掴みを制する事が出来ます。

しかも!

この日は、味変アイテムとして謎ストローが3本付いて来ました。

15hase12a050_R

このストローの中には色々なテイストの粒々が入っていて、このストローを通して飲む事で『バニラシェイク』の味が変化します。

若干、そうでなくてもブリックス(濃度)が高いシェイク的な何かが、粒々の入ったストローを通して飲むので

「ダイソンばりの吸引力が必要!」

15hase12a051_R

となるので注意しましょう。そもそも大ジョッキでシェイクとかヘヴィーですが、何気に美味しいのでメニューにあったら是非試してみて下さい。

焼肉の次元が違うぜ!『焼肉はせ川』

15hase12a055_R

焼肉とは、ただただ肉を焼くとシンプル極まる料理ですが、それゆえ食材の優劣は絶対に覆る事がありません。さして美味しくない肉を、いくら炭火で焼いてもそれなりの焼肉にしかならないのです。

しかし!

最高の肉、すなわち”国産和牛”を炭で焼いたら、どうなるでしょうか?

15hase12a062_R

「今までの焼肉はなんだったのか?」

人生の折り返し地点を過ぎたオッサン達が、今までに食べた事がない焼肉に歓喜する光景に、筆者は何度も遭遇しました。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。