体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1966年創業!カレーの街で一番有名なカツカレーを食べてみた @『キッチン南海』神保町

nankai018_R

本の街、もとい”カレーの神保町”の食を語る上で、老舗である『キッチン南海』(1966年創業)を抜きにして語るわけには参りません。

というわけで、今回は『キッチン南海』の人気メニュー『カツカレー』を紹介してみましょう。

神保町の胃袋『キッチン南海』

nankai016_R

神保町界隈のサラリーマンに人気と言えば、やはり『キッチン南海』で御座います。

カレーの聖地とされる神保町で、行列が形成されるカレー屋さんは少なくありませんが、この『キッチン南海』に並ぶ層は、他の店とは違います。

浮かれたカップルを寄せ付けない硬派な列が、この店の独特な世界を醸し出しているのです。

nankai001_R

店内も短い時間でランチを済まそうとする、歴戦のサラリーマン戦士で埋め尽くされていて、一人で使えるカウンターの面積は少なめです。

なのでコップやスプーンの配置も、お姉さんが料理を持って来て置こうとした時に、邪魔にならない位置に置いておくのがベストでしょうか?

nankai004_R

ランチタイムは結構な行列が形成されますが、揚げ物が中心のメニューが多いので料理が提供されるまでの時間は短めです。

食べに来る人もベテラン勢で固められているので、意外と回転が速く店内は謎の一体感が感じられます。

nankai005_R

テンポ良く出される料理と、さっと食べてさっと席を発つ”良く訓練された常連”によって『キッチン南海』は成り立っているのかもしれません。

『キッチン南海』の元祖カツカレー!

nankai003_R

ちなみに『キッチン南海』はカレー屋さんではなく、今では定食屋さんで御座います。

ゆえに人気メニューは『しょうが焼きセット』など定食系となっていますが、何気に『カツカレー』もオーダー率は高めです。

nankai002_R

というわけで、筆者も『キッチン南海』のベーシックスタンダードとなる『カツカレー』(750円)を注文しました。

『キッチン南海』の『カツカレー』はカレーとしては、かなり煮込まれた感じで適度な香ばしさがあります。

周辺の店が本格的な”欧風カレー”なので、それらの店に比べるとスパイス感も控えめで

「落ち着いた定食屋さんのカレー」

と言ったところでしょうか? 可もなく不可もない万人に好まれる、オーソドックスなカレーかと思います。

nankai019_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。