体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】デビッド・ボウイを追悼しに来た人達で大賑わいの生誕の地・ブリクストン現地レポ

IMG_8264-s

デビッド・ボウイの死去は、イギリス首相や宇宙にいるイギリスの宇宙飛行士までもがツイッターで哀悼の意を表すなど、彼の故郷イギリスでも当然だが大きな衝撃をもたらしている。ガジェット通信では既に幾つかの記事でその詳細に触れているので、今回はデビッド・ボウイの死去が発表された当日の夜、彼の生誕の地であるロンドンのブリクストン(Brixton)で行われた追悼集会の模様を、写真を中心にレポートしたい。

IMG_8113-s

22時頃に到着する。ブリクストンの駅前広場には、既に1000人以上は居るであろう群衆で埋め尽くされていた。

IMG_8118-s

赤レンガの壁には、若かりし頃のデビッド・ボウイの映像が投影されていて、集まった人たちは食い入る様に見つめていた。

IMG_8121-s

もちろん、多数のテレビ中継車や取材陣も押し寄せていた。海外メディアと思しき人達もおり、注目の高さをうかがい知る事ができる。

IMG_8131-s

だんだんと群衆の中に入って行くと、熱狂的なファン達が歌い踊っている様子が見えてくる。

IMG_8136-s

大多数の人がビールやワインを片手に、どちらかと言うと非常に楽しそうにしていたのが印象的。

IMG_8163-s

完全にお祭り状態なので、警察も多数出動。しかしながら、非常に和やかな雰囲気でピリピリしたムードは一切無かった。

IMG_8164-s

花とビールが至る所に散乱している。

IMG_8174-s

中にはやんちゃをして公衆電話ボックスの上に上り、群衆を煽る人も。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。