体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷蔵庫2015年モデル検証シリーズ⑤〜シャープ プラズマクラスター『SJ-GT41B』は都市生活向きトガり家電 編

_FAC3009

2015年モデル「冷蔵庫」を次々取り上げてきたが、今回はシャープ(SHARP)の最新機種だ。これまで日立、パナソニック、東芝では最上位機種を紹介してきたが、今回は一番“シャープらしい”目の付けどころのモデルとして、中堅機種である幅60cmスリムタイプでメガフリーザーを搭載した『SJ-GT41B』(市場予想価格 税込約227000円・2015年11月19日発売)を取り上げる。
※冷蔵庫選び全般の予備知識はシリーズ初回を参照してほしい。

目の付けどころだけでなく、目指す未来までがシャープに変化!

一斉を風靡したシャープのスローガン「目の付けどころがシャープでしょ。」だが、2010年からは「目指してる、未来がちがう。」に変更となっていた。つまりこれ、他社とは違う方向に進むことを高らかに宣言するもの。その攻撃的なイズムは、最新の冷蔵庫にも満ちている。

都会に暮らす共働きのオシャレな夫婦。それがシャープ製冷蔵庫のターゲットであると、今回の取材を通じて記者は痛切に感じた。オシャレなカラーリングと冷凍容量の充実、そして細かな工夫で、シャープは都市生活者にピッタリの個性的な冷蔵庫を生み出したと言っていいのではないか。それでは記者がそう感じた、細かな特徴を見ていこう。

 

独自カラーリングでインテリアとしての先端を行く

_FAC3017

シャープはかつて大ブームを呼んだスチームオーブンレンジ「ヘルシオ」シリーズで、海外製家電と見紛うばかりのビビッドなレッドを用いたカラーリング展開を見せて評判となった。今では通称”ヘルシオレッド”とも呼ばれ、赤いオーブンレンジは普通に珍しくない状況になっているのはご存知の通り。

_FAC3009

今回の最新冷蔵庫においても、他社にない色合いのモデルを発表している。特に目を惹くのは「フロストグリーン」だ。グリーンと言ってもブルーとの中間色で、クールでありつつモダン。これまた国産冷蔵庫では見かけないカラーリングである。またピアノブラックと呼んでもいい真っ黒な「ピュアブラック」も冷蔵庫らしからぬ色味で驚かせる。

さながらデザイン家具のような存在感があり、日々の生活をオシャレに彩ってくれるのだが、確かにキッチンを作業場と捉えるか、日々の生活の美しい一コマとして考えるかの大きな違いがここにある。

従っていかにも家電みたいな色合いがイヤだ、冷蔵庫もオシャレであってほしいと考えるなら、この機種が間違いなく候補のひとつに挙がるはず。例えるなら性能よりもデザインでWindowsパソコンよりもMacを選ぶような、そんなニュアンンス。もちろん人それぞれによって価値観は様々なので、どちらが正しいという話ではない。

では一体どんな用途にこの冷蔵庫は適しているのだろうか。

週末にまとめて購入した食材を大量に冷凍するのに最適

_FAC3017

日々ハードに働く都市生活者。普段から野菜を採りたいと思っていても、平日にスーパーで買い物をして帰るほどの余裕はない。そうなると大切になってくるのは野菜室よりも冷凍室の広さ。

_FAC3031

まさにそれを形にしたのがこの『SJ-GT41B』。大容量冷凍室「メガフリーザー」のサブネームを冠するこのモデルは、他メーカーの同クラス機種と比べて強力な大容量を実現している。週末に炊いたごはんや茹でた野菜を大量に冷凍しておいて平日に使う、そんな生活サイクルを助けてくれるはずだ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会