ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに出たカシオ初のAndroid Wearスマートウォッチ「WSD-F10」のハンズオン動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオが米国・ラスベガスで行われている CES 2016 イベントで発表した同社初の Android Wear スマートウッチ「WSD-F10」のハンズオン動画です。WSD-F10 は、腕時計メーカーのカシオがついに発表した Android Wear 製品です。過去には Bluetooth に対応した G-SHOCK を出していますが、WSD-F10 のようなタッチパネルを持つスマートウォッチを出したのは初めてになります。WSD-F10 は、一般的な Android Wear のようにファッション性を重視したものではなく、実用性を重視した製品です。G-SHOCK ブランドではなさそうですが、外装はまるで G-SHOCK で、MIL 規格準拠の耐衝撃性を備えるほか、50m 防水にも対応しています。タフネススマートウォッチと言えます。WSD-F10 の特徴は外観だけではありません。ディスプレイはカラー液晶とモノクロ液晶のハイブリッド構造となっており、時刻だけを表示して長時間使用できるのはほかとは違います。また、センサーとボタンも充実しており、コンパスや気圧センサーを備えて、側面のボタンから気圧ベースの高度やデジタルコンパスなどアウトドで使われるツールを利用できます。ただ、一般の Android Wear よりも大きく重たいのが難点です。筐体サイズは 61.7 x 56.4 x 15.7mm、質量は 93g。特に厚みがかなりあり、ゴワゴワするかもしれません。Source : Digital Trends

■関連記事
Android WearからGoogle Fitのトラッキングが開始できるようになった
BlackBerry、今年後半にもBlackBerry 10.3.4をリリースする予定
Google Playミュージックアプリの検索画面がリニューアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP